2017
08.07

北方で出会った生き物たち その1

日本海を見ながら北へ北へと走りました。その終点近く。
夕方になってようやく雨が上がりました。

DSC_0203.jpg

会いたかった鳥がいました・・・

DSC_4518-3.jpg

いやこれはホオアカでした。綺麗な声で囀っています。
こちらはオオジュリンのメスかな?

DSC_4525-3.jpg

・・・いました!哀愁漂う美しい声が、細く響いてきます。

DSC_4501-3.jpg

遠いのなんの。顔は判別不能。でもじっくりと声を聞けただけでもよかった。

DSC_4510-3.jpg

「ここで毎週7年間、観察していた」という方が話しかけてきました。その方によれば「ここのシマアオジはふた番いしか確認できていない」のだそうです。驚きました。そんなに少なくなっているなんて・・・。営巣場所を決める時期に花がハイシーズンのここには「大砲」がずらっと並ぶため、警戒してだんだん遠くに巣を作るようになったそうです。
この日は花も終わっていたので、訪れる人もわずかで、静かでした。じっと座っていると、シマアオジが何度かこちらに向かって飛びましたが、近くに止まってくれることはありませんでした。

原生花園一面に咲くエゾカンゾウはもうとっくに終わっていましたが、ノハナショウブやタチギボウシがところどころに咲いていました。

DSC_0215-3.jpg

DSC_0221-3.jpg

サワギキョウもたくさんありましたが、まだ蕾でした。今年は6月に気温が低かったせいで、エゾカンゾウも花が少なかったそうです。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top