2017
05.06

夏鳥たちが到着 2017

Category: 出逢った野鳥
ジャガイモ植えの仕事が終わりました!今年は1週間、連休の半ばまで続きました。
近くの農道は鳥たちが激減したため、早朝の散歩をしなくなっていましたが、夜明けが早いので目が覚めてしまいます。思い立って谷地へ行ってみました。4月に到着するヒバリ、アオジ、ノビタキ、カワラヒワの後、5月になるとここでの夏鳥たちがほぼ出そろっていました。ウグイスや、

DSC_2659-3.jpg

センダイムシクイは張り裂けんばかりに囀ります。

DSC_2649-3.jpg

遠くでオオジシギのディスプレイの声もしています。谷地は鳥の声で溢れていました。
でも、私が一番美しいと思うのは、いちばん身近でありふれた、アオジの囀りです。

DSC_2687-3.jpg

4月組はもうペアになっていますが、渡ってきたばかりの鳥たちはまだ追いかけっこや、オス同士の争いをしているようです。ここで毎年出会う、ベニマシコの女の子、今年もいました。

DSC_2680-3.jpg

ヤナギの花を夢中で食べています。
DSC_2683-3.jpg

ヤナギの花は、まだ他に花のない時期、渡って来たばかりの鳥たちにとって貴重な食料になります。この後、オスが2羽、襲いかかるようにやってきて、この子は驚いて飛んで行ってしまいました。

連休に来た娘が、川に行きたいと言ったので連れて行くと、土手にカタクリとエゾエンゴサクの群生が!

DSC_2703-3.jpg

こんなに近くにあったとは!でかした、娘(笑)

DSC_2705-3.jpg

他の季節には来ていたのですが、この時期来たことがなかった。まだまだ知られざる群生地があるかもしれません。
連休も終わり、娘も札幌へ帰って行きました。
さぁ、これからベニバナイチヤクソウの落ち葉をどけないといけません。

昨年の谷地の様子は こちら です。
続きを読む
Comment:4  Trackback:0
back-to-top