2016
12.26

エゾモモンガの親子 その2

Category: 周辺自然観察
秋のある日に出会ったエゾモモンガの親子です。在庫から、再びご覧下さい。

DSC_9028-3.jpg

この子は、すぐ枝から踏み外しちゃうので、下から見ていると、ハラハラし通しでした。

DSC_9050-3.jpg

お母さんキター。威嚇してるのかもしれませんが、かわいすぎてぜんぜん怖くありません。

DSC_9062-3.jpg

DSC_9090-3.jpg

DSC_9075-3.jpg

野鳥のおちり大好き(なのだと思う)ko-jiさんが、今度は「動物のおちり写真」を集めて、番外編を企画しているそうです。野鳥のおちりで、あれだけ忙しい思いをされたというのに、懲りな・・・いえ奇特な方です。私にも、エゾモモンガの要請がありました。
そこでデータを調べたら・・・・ある。
やはり捨ててなかった私 orz 若干の落ち込みとともに、おちりだけではあんまりなので、ほかの写真もUPしてみました。
下から見上げておなかとおちりというのもあったけど、写真としてイマイチでした。
さぁ、好きなおちり写真を、持ってけko-jiさん!
あ、他の方には、勝手に持って行かれると困りますので、お断りしておきます。

本年もご訪問いただいた皆様、ありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎え下さい。


Comment:12  Trackback:0
2016
12.22

ハシブトガラもやってきた

食堂は今日も賑わっています。朝、昼、夕方と、来る時間がだいたい決まっています。そのほかの時間は林の木で虫を探しています。ありがたい。シジュウカラは3羽に増えました。

DSC_9879-3.jpg

穫ったど~!
DSC_9868-3.jpg

ゴジュウカラは、ヒマワリの種の中身だけを、あちこちに貯食しています。
・・・が、それをちゃっかり頂いちゃうやつがいます。

もらったど~!
DSC_9864-3.jpg

アカゲラは♂♀1羽ずつ。♂は今年生まれの子ではないかと思っています。
シメ♂と、遠慮がちなヒヨドリも、1羽ずつ来ています。
そして、ようやくハシブトガラが現れました!

DSC_9856-3.jpg

いつかは来る、と思っていたものの、3週間のあいだ、来なかったらどうしよう?とやきもきしていました。アカゲラ林のたいせつな仲間です。
まだ1羽だけですが、4カ所あるフィーダーに、どこでもやってきて、あっというまにヒマワリの種を持って行きます。「ヴィーヴィー」と、やかましいのもあいかわらずですが、私は
これを聞くと、元気がもらえます^^

「あっち行け!!」って言ってるだけだよ!
DSC_9859-3.jpg

そうだった。マゾか自分。
お話変わって、最近道ばたでみつけた天然ツリー。勝手に飾り付けちゃった木。

DSC_0567-3.jpg

雪が積もると見えなくなっちゃうけど (´∀`;) 飾りの正体はツルウメモドキ。
冬のあいだ、鳥たちにとっても貴重な食料になるはず。.゚+.(・∀・)゚+.

DSC_0572-3.jpg

岐阜ではこどもたちとツリーだけは飾っていましたが、ここへ来たら、家の中に飾る気がなくなりました。外が天然ツリーなので!

f7417.png


DSC_0576-3.jpg

・・・あれ?おかしいなぁ・・・simcoさんのところで見たのは、まさにクリスマスツリーだったのに、ウチの林のは、なんだか オバケ~ に見える・・・ (ノд`;)

今朝から、しんしんと積雪。
24日は、ホワイトクリスマスにちがいないと思うけど、積もりすぎると、電線が切れて「停電クリスマス」とか、除雪が遅れて「籠城(ろうじょう)クリスマス」だよぉ・・・ orz

・・・今日は24日です。おかげさまで停電も、除雪が来ないという事態もなく、無事に雪がやみました。すると林の中にモンスターが出現。天然ツリーにはほど遠いです・・・。

DSC_9900-3.jpg

食堂も、雪の中から掘り出して、積もった雪の上に置きました。固定テーブルを作っても埋もれてしまうので、簡易テーブルにして積雪のたびに掘り出すことにしたのです。
(・・・そしてその後ろにもモンスターが)

DSC_9902-3.jpg



「第一回野鳥おちりコンテスト」決勝リーグはじまりました!これは!と思ったおちりに、
ぜひご投票を!25日が〆切だそうです。
 ko-ji さんのブログに、勝手にリンクしてます↓↓こちらから。

http://ameblo.jp/kojyuen/entry-12230699534.html



Comment:8  Trackback:0
2016
12.13

「野鳥おちりコンテスト」

Category: 出逢った野鳥
私、はじめてコンテストに参加することにしました。(↑↑表題の通りです)
見知らぬ方ですが、ko-jiさんとおっしゃる方が、主催されるとのことです。私、大いに趣旨に賛同いたし、ここに参加をケツ意させていただく所存でございます。
本来、野鳥撮影するかたは、おちりの写真が撮れてしまったら即、削除なさっていることでしょう。でも、私は「野鳥はお腹の方から撮るのが好き」と豪語?してはばからない人間。
いささか下方修正ながら、それがおちりであって何がいけないでしょうか!
(「野鳥の」でございますよ、皆さん)どうしようもない写真ばかりが溜まる一方の私にとって、救いの企画に他なりません。

以上、参加宣言でした。
エントリーできるのは2枚、とのこと・・・え~、ぜんぜん足りない~!というくらい、撮れちゃってる・・・いや、それを捨てられなかった私。とりあえず最近のものだけ、ここに一気に公開。ほとんどが未公開のボツ写真です。まず、北海道特産枠。ハシブトガラとシマエナガから。

エントリーその1 ぷちもふ~ 
DSC_3503-2.jpg

エントリーその2 まるもふ~ 

DSC_3695-2.jpg

シマエナガは樹冠を飛ぶことが多いので、こんなんばっかりです。
エントリーその2は、こっちかな~。迷う。 

DSC_4568-3.jpg

シマエナガダブル 顔がないんだもん、当然ボツなんだけど、なぜかとってある。

DSC_9241-2.jpg

続いて一般の部。私は、ヒヨドリの羽模様の美しさを、おちりから知りました。

DSC_3704-2.jpg

ヒガラちゃん

DSC_4543-2.jpg

旅の途中。アトリンのおちり~ず 

DSC_8006-3.jpg

冬のお客さん、マガン。羽毛ふわふわのおちり~ 

DSC_8603-3.jpg

なにも賞品とか出ないけど、「野鳥おちりコンテスト」の応募要領はこちらのブログです↓↓(すみません、勝手にリンクしました)

http://ameblo.jp/kojyuen/entry-12226354739.html#

果たしてこの忙しい年末年始にまとめあげることができるのか?
ko-jiさん!無責任ですけど、頑張れ!

ちりコン開催中~!また無断ですが、勝手にリンクさせていただきました。↓↓ 

http://ameblo.jp/kojyuen/entry-12229271913.html

ko-jiさん、お疲れ様でした!みなさんもよかったらみにいってください。かわいいおちりに癒されますよ~^^


Comment:14  Trackback:0
2016
12.08

エゾモモンガの親子

Category: 周辺自然観察
まだ秋の頃の、ある日、出会いました。

はじめまして、春生まれのエゾモモンガです
DSC_9025-3.jpg

おっと!あぶない!
DSC_9037-3.jpg

おかあさんといると安心。おっぱいちょうだい
DSC_9047-3.jpg

はじめて飛んでみたけど、怖かったよ!
DSC_9085-3.jpg

お母さんが迎えに来てくれて、よかった
DSC_9088-3.jpg

じゃぁね、おかあさんといっしょに、おうちに帰ります
DSC_9097-3.jpg

けっきょく、この子は巣穴まで飛ぶことができないと判断したおかあさんが、口でくわえて巣に戻りました。
このおかあさんは3匹のこどもがいるそうです。そのせいか、頬がこけて、目だけがぎろっと大きく見えました。エゾモモンガは、もっとふっくらした、まるい顔のイメージでしたけど。
エゾリスのおかあさん もそうだったけど、ほんとに子育てはたいへんですよね。

「エゾモモンガの子が出ているよ」と教えてくださったみなさん、ありがとうございました。
おかげさまで、ほんとに運良く居合わせることができました。



Comment:6  Trackback:0
2016
12.04

閑古鳥食堂

すっかりご無沙汰してしまいました。雪が何回か降っていますが、まだ去年までのように根雪になっていません。ひさしぶりにぽっかり時間が空いたので、林を歩いてみました。

DSC_0558-3.jpg

雪の上にクモがいる!案外早い足取りで歩き回った後、手前の葉の中に消えていきました。

DSC_0550-3.jpg

ブルーベリーの枝が1本、折られていました。周りに犯人の足跡が・・・。
今年もいるようです、エゾユキウサギ。枝が食べられないように、ニンジンのくずでも置いて
おこうかな。

DSC_0554-3.jpg

晴れた日は、食堂のお客さんが少ないです。今日も、ヒヨドリはいるのに、なぜか食堂の
ミカンには来ません。

DSC_9665-3.jpg

ナナカマドの実を食べてる。ミカンの存在には気づいていると思うのですが。

DSC_9674-3.jpg

DSC_9671-3.jpg

ワタシがかわりにいただいています。
DSC_9684-3.jpg

11月初めの寒波のときに入った風邪が抜けなくて、発熱しそうなところで症状が留まったままです。現在漢方薬で治療中ですが、いつまでたってもすっきりしません。周囲も、このとき体調を崩したというひとが多かったようです。寒いところへ行くととたんに悪化するので、しばらく、どこかに鳥を見に行けそうにないこの頃です。
みなさまもどうぞお気をつけください。(なんかテンション低くて、ヒロシみたいな気分
です・・・・orz)


Comment:6  Trackback:0
back-to-top