2016
10.24

秋深まって、シマエナガ

Category: 出逢った野鳥
アカゲラ林は、10月中旬ごろから紅葉がはじまりました。

DSC_0524-3.jpg

今年は赤より黄色が多い。日照不足が関係しているとか??カシワはさいごに茶色になるのですが、はじまりだけは紅が混じった色合いを見ることができます。

DSC_9274-3.jpg

私は毎日ジャガイモの選別に追われていますが、どうやら終わりが見えてきました。こちらに来てからこんなに働いたのは初めてです。長かったなぁ。農場では、雨が降らない限り、休みなく仕事をします。2週間、休み無しということも珍しくありません。
私はとても無理なので、10月半ばに休みをもらいました。ゴメンナサイ・・・。
そのとき出会ったのがシマエナガ。シジュウカラやハシブトガラと一緒に行動していました。

DSC_9231-3.jpg

DSC_9219-3.jpg

なかなか正面を向いてくれない^^;

DSC_9248-3.jpg

はじめて2羽入ったけど、あっというまに移動してしまいました。

DSC_9246-3.jpg

もうちょっと←向いてくれたら正面だったのに。

DSC_9250-3.jpg

この群れにはまだメジロも混じっていました。いつまでここにいてくれるのかなぁ。

DSC_9222-3.jpg

このあとも、シマエナガに会えたヨロコビを胸にしまって、仕事を続けました。私が鳥好きと知って、一緒に働く人たちが「ハクチョウが渡るのを見た」「マガンが畑に降りているよ」「うちの姫リンゴを食べに来た鳥がいる」など、いろいろ教えてくれました。通勤途中には、まだアオジとベニマシコの群れも見えました。ハーベスタの上から、畑の水たまりで、なんと、はじめてアカアシシギが見られたこともありました。渡りの途中だったのでしょうか。

DSC_9280-3.jpg

今日は強風です。アキアカネがどこからか飛ばされてきました。
これまで相方がひとりで笹刈りしてくれましたが、この仕事が終わったら、私もやっと林の仕事ができます。これから半年にわたる冬を迎えて、冬支度もしなければなりません。
さぁ、選別の仕事もあと少し!今年は雪が遅いことを祈って・・・。


Comment:6  Trackback:0
back-to-top