2016
02.29

エゾリスたちの冬と春

Category: 周辺自然観察
アカゲラ林には、リスがいません。ここは農地に囲まれたちいさな林なので、もしリスがいたら、鳥と食べ物や巣穴をあらそってたいへんなことになっていたでしょう。うしろに山を抱えるような、もっと大きな林の先端であれば、現れたのかもしれませんが・・・。
というわけで、リスのいるところへは、こちらから会いに行かけなければなりません。

DSC_2832-2.jpg

エゾリスは冬眠しないリスなので、長い冬の間も雪の上を活発に動き回っています。

DSC_3843-2.jpg

雪の中から食べ物を探す、真剣な顔つき。

DSC_2944-2.jpg

私にとって冬のエゾリスは、「かわいい」というだけでなく、長い冬を必死に生きようとする気迫と、したたかさを感じさせる存在です。(←すっかり気迫負けしてる私)

DSC_3732-2.jpg

2月最後の日、うるう日の今日、また雪が降っています。しかも、今シーズンいちばんの積雪になりそうな勢いで・・・^^; 3月になっても、まだひとつか、ふた降りくらいあってもおかしくはないのですが、エゾリスたちは早くも春の準備をはじめていました。

DSC_3730-2.jpg

去年の今頃はもう、家の近くで渡ってくるアトリやベニマシコ、ベニヒワ、カワラヒワなどが見られましたが、今シーズンも、この町に立ち寄ってくれるでしょうか。
渡り鳥食堂も、開店準備してお待ちしております( ̄人 ̄)


Comment:4  Trackback:0
2016
02.18

春の兆し

晴れていれば毎日林のなかを歩いています。先日気温の高い日に降った雨で、積雪のかさが減ってきました。雪面は、雨に穿たれ、穴だらけです。そのあとの冷え込みで表面が凍り付いているので、スノーシューで歩くと、ガリガリとすごい音がします。

DSC_3675-2.jpg

林の中を見渡せば、いつものメンバーがいます。ハシブトガラも、

DSC_3695-2.jpg

ゴジュウカラも、

DSC_3684-2.jpg

アカゲラも、食堂だけで生活しているわけではなく、ちゃんと林の虫とりもしてくれるので、ありがたいです。

DSC_3700-2.jpg

えーと・・・ヒヨドリも虫取り・・・・??

・・・そんなわけがあるかーい!!
DSC_3704-2.jpg

彼らも、食堂のミカンやリンゴだけでなく、もう干しぶどうみたいに干からびた、サンナシ(エゾノコリンゴ)の実を食べていたのでした。

DSC_3709-2.jpg

DSC_3722-2.jpg

この2羽のヒヨドリも、アカゲラも、ゴジュウカラも、ハシブトガラもなんとなく2羽で行動しているようすがみられるようになってきました。
近くの畑では、昼間からキタキツネが現れるようになりました。餌ではなく、お相手を探しているのでしょう。

DSC_3670-2.jpg

春が、だんだん近づいてきたようです^^


Comment:4  Trackback:0
2016
02.14

ハクチョウその後

Category: 出逢った野鳥
「白鳥護岸工事」がすすみ、ハクチョウたちは現在せまいエリアに固まっていました。ここの白鳥は観光資源なので、護岸を整備して、増加する海外からのお客さんに備えるのだと思います。ここは護岸工事が済んだエリアなのかな?

DSC_3652-2.jpg

川の中には、カワアイサやホオジロガモなどがいました。でも、遠い・・・。

DSC_3635-2.jpg

隠れるところがないので、カメラを向けると、すぐに潜ってしまいます。
ごめんなさい・・・ (>_<)

DSC_3653-2.jpg

カワアイサは飛んじゃった。でも、野生なんだから、これが当たり前でしたね。
ほかに写真を撮ってる人がいなくてよかったです。

DSC_3640-2.jpg

前回に見た、首の曲がったハクチョウを探してみました。

DSC_3628-2.jpg

う~ん、左端のハクチョウがそれらしく見えますが、どうでしょうか。曲がっているのか曲げているだけなのか、微妙ですが・・・^^;

DSC_3660-2.jpg

ほどなく、中国か台湾からの観光客がバスで大勢やってきたので、退散しました。
あれっ??みなさん、ハクチョウたちをバックに、記念撮影してる~!!あんなに近づいても大丈夫だったの?(゚△゚;!!←(遠くから望遠だけで撮っていたヒト)

ようやく一人で運転して遠出してみましたが、緊張して疲れました。一人での長距離移動に慣れないと、ここでは鳥を見ることが出来ません。あとは、慣れるしかないので、がんばります。


Comment:2  Trackback:0
2016
02.11

巣穴を決めた?ゴジュウカラ

え?もう決まったの?!
DSC_3557-2.jpg

まだ早いんじゃないの?
DSC_3525-2.jpg

いやいや、そんなことはありませんよ
DSC_3598-2.jpg

彼らはどうやって繁殖期のきたことを知るのでしょうか。今年は暖冬だからなのか、陽の長さなのか、気温の変化なのか・・・わかりません。大雪が降ろうと、風が吹こうと、まだ2月が始まったばかりだろうと、ゴジュウカラは着々とその準備をすすめていました。
用心深く周りを警戒してから・・・

DSC_3601-2.jpg

去年コムクドリが使っていた穴を覗いています。

DSC_3592-2.jpg

中に入って・・・

DSC_3599-2.jpg

お掃除しているようです。

DSC_3603-2.jpg

DSC_3604-2.jpg

3枚目の写真、こぶにある穴が、去年使った巣なのですが・・・今年はこちらの巣を使うつもりでしょうか。
コムクドリが渡ってきたら、また一悶着ありそうな予感です。


Comment:4  Trackback:0
2016
02.09

シチとの7ヶ月

Category: 文鳥
ロロとシチ、年が明けても相変わらず別かご暮らしのままでした。たまに一緒にすると、ロロがすぐに怒りだしてシチを攻撃するので、すぐまた別々に・・・orz・・・そんなことを繰り返していた1月、ロロはなぜかレンジフードの上を巣と決めてしまってかごに戻らなくなってしまいました。

DSC_0396-3.jpg

これでは困るので、一計を案じました。かごにつぼ巣を入れて、こちらが巣と思わせる作戦です。これ以上卵を生まないように、擬卵といって、作り物の卵を4つ入れておきました。・・・浅知恵だったのですね、これが・・・orz

まさかと思っていたら・・・ 卵が増えてる!!! \(◎o◎)/

DSC_0394-2.jpg

擬卵を入れておけばもう産まないと思ったのですが、巣をいれたばかりに、さらに卵を生ませてしまったとは・・・。卵を産むことは、寿命を縮めることになるので、重大な過失です。即刻巣を取り除き、栄養をつけてもらいました。今後も注意しなくては。
突然怒り出すロロに戸惑いながらも、シチが根気よく、ロロにやさしくしてくれるおかげで、フタリの関係が少しずつ変わってきました。

DSC_0005-2.jpg

そして、2月に入り、なんとかいっしょのかごで暮らせるようになりました。
相変わらずちいさなケンカは絶えませんが、こちらもがまんして、同居を続けました。ただし、えさ入れも青菜もふたつずつ(笑)「ケンカのきっかけは、シチがえさ入れにくるとロロが怒るから」と、相方が冷静に観察していてくれたおかげです。

DSC_0200-2.jpg

シチとの7ヶ月が、ようやく終わろうとしています。

DSC_0030-2.jpg

・・・長かったよ・・・┐(´д`)┌


Comment:4  Trackback:0
2016
02.01

ハシブトガラだってかわいいよ

冬ごもりのあいだ、林を賑やかに飛び回って元気をくれるのは、シジュウカラやゴジュウカラ、ハシブトガラのカラたちです。

DSC_3250-2.jpg

みんな、キツツキ顔負けなくらい、木にとりついて虫探し。頑張っています。見ていると一日中ヒマワリの種を食べているのではなく、通ってくるのは朝、昼、夕方の3回がピークで、そのほかの、ほとんどの時間を林の中で過ごしていることがわかりました。
なかでもハシブトガラは定着性の強い鳥らしいので、毎年ここで子育てしているペアかなと思っています。食堂に来るとヴィーヴィーとうるさいやつですが、よく見ると・・・

DSC_3257-2.jpg

あんがいカワイイかも??
あたまが黒くなかったら、正面顔もシマエナガに負けないくらいかわいい・・・かも?

DSC_3261-2.jpg

・・・なんて思ったのですが、明け方の寒さでふくふくにふくらんだ姿が、ちょっぴりシマエナガを思わせただけでした^^;
暖かい(といっても氷点下5~0度ですが)日中はもう少しすらっとしてるので、やっぱりハシブトガラにしか見えません(笑)
いや、あんたたちだって、(やかましいけど)かわいいよ~!

DSC_3273-2.jpg

いまだにコガラとの区別はつきませんが、林にいる子は、どれも太くて逞しいあしをしているので、ハシブトガラではないかと思っています。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top