2016
01.30

新メニュー

いちど大雪が降りましたが、そのあとはカラッと晴天。これが十勝のよいところです。

DSC_0453-2.jpg

先日見たオオアカゲラの食痕のある木。

DSC_0557-2.jpg

木の下にはたくさんの木くずが落ちていました。

DSC_0558-2.jpg

残念ながら、その後、オオアカゲラには会えていませんが、その後も通っていることが分かって嬉しいです。また会えることを願って。
運動のために林を散歩したり(まだ肋骨付近が完治してないのでスキーができず)、家の中で家事をしながら、窓の外の鳥たちを眺めています。食堂のお客さんたちから「オイッ!もうないぞ!!」という気配を感じたら、ヒマワリの種や果物、どんぐりなどを補給するために、外へ出ます。

DSC_3437-2.jpg

オオアカゲラは毎日会えませんが、このヒトは毎日来ています。

これは何かしら?
DSC_3451-2.jpg

・・・
DSC_3453-2.jpg

イケルわね!!
DSC_3464-2.jpg

これは脂身ではなく、牛乳のタンパク質を固めたものです。お隣から頂いた余剰の牛乳でつくりました。保存したものを、鳥たちにお裾分けしてみたのですが・・・。

DSC_3473-2.jpg

DSC_3478-2.jpg

わりとみなさんお気に入りのようです^^


Comment:2  Trackback:0
2016
01.23

気の早い?ゴジュウカラ

先日の大雪が・・・

DSC_0530-2.jpg

降る前のことでした。ゴジュウカラが、以前ほど頻繁にフィーダーを訪れなくなっていると気がつきました。時々、さえずりの練習かと思われるこえも聞こえていました。
でも・・・まさか!

DSC_3282-2.jpg

もう巣穴を確保しようとしているの??いくらなんでも早すぎない?!まだ1月ですよ。
このあと、大雪が降るのですよ。

DSC_3286-2.jpg

DSC_3284-2.jpg

でも、ゴジュウカラはあたりを警戒しながら、長い間ここを動こうとはしませんでした。

DSC_3280-2.jpg

この巣穴は、去年コムクドリが使っていた巣穴です。
今年コムクドリが渡ってきたら、どうするでしょうか。それまであと4ヶ月か・・・。
ずいぶん先の心配ですけどね^^;


Comment:2  Trackback:0
2016
01.19

バードテーブルが賑わいました

この冬は雪が少なくて、毎日十勝晴れで・・・なんて浮かれていたら、しっかり帳尻あわせに降ってきました!爆弾低気圧が太平洋上をゆっくり移動しています。こうなると、太平洋側にも大雪が降ります。また去年なみのラインまで積もってきた・・・。
(本日の写真はすべて窓越しです、お見苦しくてすみません)

DSC_3418-2.jpg

今朝はまず玄関前のデッキの除雪。まだ雪が軽いので助かります。雪の中から餌台を掘り出し、つり下げフィーダーについている雪を払います。昨夜は横なぐりの雪でした。

あれ?向こう側の止まり木がないよ?
DSC_3380-2.jpg

そうなの・・・いつのまにか無くなってた・・・ orz 雪の中探してみたけれど、無理でした。きっと春まで見つからないですね(泣)
カラたちがひっきりなしにやってきます。夜の間、風雪をどう凌いだのでしょうか。
ヒヨドリが悲しそう?に鳴くのでミカンも出しました。たどりつくと、膝の上まで足が入る深さ。明日からはスノーシューの出番です。

DSC_3387-2.jpg

2羽来ました。見張っているのかな?かわりばんこに食べてるようには見えないけど^^;(同じ姿なので入れ替わってもわからないだけかも)

DSC_3396-2.jpg

そこにやってきたのはシメさん。あれから餌台にやってくるようになりましたが、
まだ遠慮がちです。

DSC_3422-2.jpg

遠くからヒヨドリの様子をうかがっています。

DSC_3401-2.jpg

餌台に近づけません。やはりヒヨドリ用は別にしないといけないようです。
このシメは、色が薄くてまだ若いように感じられます。ここで夏に見た幼鳥なら嬉しいのですが。強面は一人前です(笑)

DSC_3409-2.jpg

クチバシの色も変わってますね?どうなのでしょうか。他の鳥にびくびくしているところを見ると、まだ経験が足りないようにも見えるのですが・・・。

DSC_3407-2.jpg

夕方になって、ようやく風が止みました。明日は晴れるでしょうか。


Comment:6  Trackback:0
2016
01.18

鹿追町で誕生日

鹿追町のイベントハッピーバースディキャンペーンに参加してきました。誕生日に鹿追町へ行くと、その日と翌日、鹿追町で使える3000円分のチケットが頂けるのです^^

DSC_0392-2.jpg

まず然別湖に行ってみました。途中、扇が原展望台から見た、冬の十勝平野。

DSC_0377-2.jpg

町は晴れていたのですが、然別湖に着くと雲がかかって雪が舞ってきました。風も出てきて、寒っ!!鳥の気配なんかまるでなし(笑)

DSC_0380-2.jpg

このときはまだ全面結氷しておらず、全面凍るまで「あと2~3週間くらいかかるかな」とのこと。こんなのは初めてだそうです。奥の方はなんとなく凍ってなさそう・・・。

DSC_0384-2.jpg

湖畔にあった謎の家・・・これは?

DSC_0386-2.jpg

冬の時期だけに現れる「然別コタン」のイグルーでした。一番寒いときに、氷のイグルーで氷のグラスでお酒を出すバーを開いたり(日中はソフトドリンク)、結氷した然別湖の上に氷上露天風呂を作ったりしてしまうという、あのイベントの準備中なのでした。
(すると、↑湖の上の、ドラム缶みたいのはお風呂??)
考えるだけでも寒い・・・。でも、寒さを逆手にとってそこまで遊んでしまう北海道のひとたち、あっぱれですね!

チケットは、町に降りてからお寿司を頂いたり(面白いご主人に、お話をたくさん聞かせていただきました。ごちそうさま)福原記念美術館と、神田日勝記念美術館に行って、ありがたく使わせていただきました。

DSC_0473-2.jpg

32歳で夭折した日勝の絶筆、未完成作品である馬の絵・・・。目の前に立つと、こみあげるものがありました。久しぶりにほんものの美術品を見ることが出来て、感動しました。
よい誕生日を過ごさせていただき、ありがとうございました。鹿追町に感謝です^^


Comment:2  Trackback:0
2016
01.16

毎日歩いていれば

歩くスキーができなくなってからは、なるべく林を歩き回ることにしています。今年は雪が浅いので、スノーシューを履かなくても、ピンを打った長靴で歩けます。滑るのに気を取られることがないから、かえってゆっくりと林を見渡すことができて、これはこれでよかったかも。夕方なのでちょっと暗いですが、アカゲラ。「アカゲラ林」と名乗っているので、いてくれないと困りますね。・・・あれ?これは・・・

DSC_3317-2.jpg

(ヒコマロさんふうに→)オオアカゲラやぁ~!! \(◎o◎)/
久しぶりに見ました。嬉しいなぁ~。

DSC_3314-2.jpg

この木に取りついて離れなくなりました。

DSC_3312-2.jpg

大きな食痕ですねぇ。
明日から「オオアカゲラ林に居候」とタイトル変えようかなぁ~。

DSC_3310-2.jpg

・・・なぁんて見とれていたら、林を飛び出してどこかへ行ってしまいました。
タイトルは「アカゲラ林」のままですね orz

DSC_3319-2.jpg

毎日歩いていると、こんな出会いもあるので嬉しいです^^ 
もう1羽は窓越しに発見したシメ。餌台の様子を伺ってるようですが、まだやってきません。

DSC_3297-2.jpg

雪を食べています。

DSC_3298-2.jpg

シメはあまり動かないので、そ~っと外に出てみました。

DSC_3307-2.jpg

やっぱり動いてない(笑)餌台に来たら、どっかり居座ることは目に見えていますが、やはり来てほしい。昨シーズンは春先にやってきたので、どこか別の場所で越冬しているのだと思っていました。これで厳寒期にも、ここで越冬する個体が居たことが確認できたので、とても嬉しいのです^^
ちなみに、今日のアカゲラ林は朝6時の気温が-18度、日中でも-6度を上回ることはありませんでした。


Comment:8  Trackback:0
2016
01.12

町のハクチョウ

Category: 出逢った野鳥
年末会いに行ったハクチョウのいる川は、護岸工事がはじまって、別の場所に移動したと聞きました。これは初詣に出かけたときに見たオオハクチョウ。ぜんぶで8羽ほどいました。

DSC_3133-2.jpg

ここも去年けあらしのなかで出会った場所の川です。毎年町の中で越冬しています。
日中でも気温は低いのですが、この川は凍っていませんでした。

DSC_3139-2.jpg

ひとに慣れているので近くまで来てくれます。この2羽はずっと寄り添っていました。

DSC_3141-2.jpg

誰の子なのでしょう?幼鳥がかわいかった^^

DSC_3123-2.jpg

ハクチョウを見ていると、心がゆったりとしてきます。

エゾフクロウにも会ってきましたが、住処だった洞はエゾリスが邪魔しに来るので、うるさがって外に出てしまったそうです。元の洞をぼ~っと見上げていたら、見かねた方に近くの木にいると教えていただきました。ありがとうございます^^;枝がかぶってしまいましたが、全身を見ることができました。

DSC_3149-2.jpg

そして、いまはもうこの場所にはいなくなってしまったそうです・・・。
またいつか帰ってきてくれるかな?


Comment:4  Trackback:0
2016
01.09

寒いけど元気です!

アカゲラ林も毎日冷え込んでおります。

DSC_0279-2.jpg

食堂のお客さんたちは、ヒマワリの種や脂ばかり食べているわけではありません。ちゃんと木の虫パトロールもしてくれています^^

DSC_3161-2.jpg

ゴジュウカラが・・・

DSC_3172-2.jpg

ゲット。
(虫の嫌いな方ゴメンナサイ。写真をクリックすると拡大してしまうのでお気を付け下さい)

DSC_3175-2.jpg

アカゲラ若もがんばっております。

DSC_3181-2.jpg

ミヤマカケスは・・・何もしてない・・・^^;
私が近づくと、木の後ろに隠れました。慣れてしまったのか?逃げないんだね。
この時期のカケスは、まんまるにふくらんでいます・・・動く気配もなしか。
私のほうは動かずにいると、寒さが忍び寄ってきます・・・。

DSC_0417-2.jpg

さて、家に帰って、食堂の補充をしましょうか。


Comment:4  Trackback:0
2016
01.07

冷えてます

ビールじゃありませんが、頃合いに冷えてきました^^最近はマイナス10~15からマイナス3~0度くらいで推移しています。
冷え込んだ方が空気が澄み切って、十勝の冬は美しいです。

DSC_3114-2.jpg

氷の流れる川の下流では、去年マガモが越冬していました。今年もマガモ。ここではほかに越冬する渡り鳥を見たことがありません。

DSC_3102-2.jpg

アカゲラ林では動物の足跡が増えてきました。キタキツネ。

DSC_0361-2.jpg

エゾユキウサギと思われるもの。巣穴を持たずに越冬するのだそうです。すごい。キタキツネの足跡が後を追いかけていますが、捕まった形跡はありませんでした。

DSC_0373-2.jpg

雪が早かったので、片付けられなかった枝の山には、必ずエゾヤチネズミの足跡がついています。堆肥置き場のまわりにもありますが、今年は室のなかに被害はないようです。

DSC_0359ー2

雪が降ることはありませんが、積もった雪も低温で溶けることなく、さらさらと風で飛ばされるので、足跡はすぐに消えてしまいます。

DSC_0410-2.jpg

明日はどんな足跡がついているでしょうか。


Comment:2  Trackback:0
2016
01.01

笑門来福

Category: 出逢った野鳥
おかげさまで、十勝に住むようになってから、2度目の新年を迎えることができました。・・・無事に、ではないけど・・・^^;2年目、とうとうアイスバーンですっころんでしまい、イタイお正月を迎えてしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。
暖冬気味とはいえ、年末年始はやや冷え込みがあり、空気が澄み渡っています。

DSC_0330-2.jpg

川を流れているのは氷です^^;

DSC_0325-2.jpg

さて、昨年、ようやく出会うことができたエゾフクロウから、ご挨拶を・・・。
会わせてくださって、ほんとうに感謝です!

DSC_2144-2.jpg

DSC_2168-3.jpg

今年も笑って過ごせる、よい年になりますように。

DSC_2172-3.jpg

相変わらずアカゲラ林のこまごまを更新するのが中心になると思いますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


Comment:10  Trackback:0
back-to-top