2015
10.29

こっちを向いてよ

家を出ようとしたら、シジュウカラの群れが林に来ていました。あっ!!(バッグを放り投げてカメラを取りに再び家へ)シマエナガが混じってる~!!でも・・・

速いッ!

DSC_1980-2.jpg

ジッとしてない~!!

DSC_1979-2.jpg

やっと枝止まりしても、なかなかこっちを向いてくれません(泣)

DSC_1970-2.jpg

しょうがないなぁ・・・
DSC_1973-2.jpg

ちょっとだけよ・・・チラッ
DSC_1968-2.jpg

そして、あっというまに林を通り過ぎて行ってしまいました。
・・・はぁ、買い物に行ってこよ・・・。



Comment:2  Trackback:0
2015
10.27

同居の練習 ロロとシチその後

Category: 文鳥
トンネル作戦1ヶ月、お互いの動きもシンクロしてきて、そろそろと思い同居させてみました。ケンカにもならず、うまくいったと思い安心していたら、3日目に破局が訪れてしまいました。ロロが猛然とシチを追い回し、攻撃がとまらなくなってしまったのです orz
残念ながらここで断念。もうストーブが稼働しているので、この狭い家の、どこにふたつもの文鳥かごをレイアウトすればよいのやら・・・??困り果てましたが、一瞬のひらめきで、なんとか配置換えを終え、いまはふたつのかごを並べて置いています。

DSC_0160-2.jpg

シチは放鳥してもパニックにはならず、落ち着いて自分のかごに帰ってくるようになりました。なんて賢い文鳥だったの!(←世話人がアホなことばかりしてただけ)

DSC_0103-2.jpg

あれ?入り口がない!・・・まぁ、まだたまにこんなことも・・・

DSC_0110-2.jpg

隣同士なのでかごを間違えちゃったシチ。ロロが帰れなくて困っています。
・・・なんてこともありますが・・・^^;

DSC_0104-2.jpg

別かごになっても、シチがさえずればロロがすっとんで隣に行き、シチもロロかごにくっついてとまっています。シチが青菜を食べれば、となりのかごからロロも食べようとします(ムリだって!)でも、目が合うと?「きゃるるる!!」と怒った声を出します。

その後もさらに短時間同居練習を重ねて4ヶ月め、シチはロロにとても紳士的に接してくれるようになりました。そのかいあってか、シチがロロに青菜を食べさせたり、羽繕いしてやったりを、たまにロロが受け入れることもできてきました。
一瞬だけのスクープ?!をフライデーしてみました。

DSC_0161-2 (1)

でも、すぐにロロがケンカを仕掛けてしまって、長続きしないんですよね・・・。

DSC_0164-2 (1)

私が忙しくて長時間見守ってやれないため、外仕事するときは、ロロをもとのかごに戻さなくてはなりませんが、いつかは同居、の希望を捨てずに、これからも少しずつ同居の時間を作っていこうと思います。


Comment:2  Trackback:0
2015
10.25

秋の仕事

Category: 生活
アカゲラ林も錦の秋となりました。

DSC_0169-2.jpg

去年の10月はまだ農作業が終わっておらず、11月はじゃがいもの選別に追われ、12月はまさかの大雪で林の作業ができませんでした。今年こそはと、毎日毎日、倒木や枝を片付け、電動刈り払い機と山刈鎌で笹を刈り続け、ようやく林の中を片付けることができました。

DSC_0173-2.jpg

ワラビのとれる場所も刈りとり終了。一番右のミズナラが、ハシブトガラが毎年営巣していた木です。

DSC_0168-2.jpg

ササ刈りをしていると、オオタカ?らしい猛禽のお食事あとをみつけました。この林をレストランと決めたようで、あちこち4箇所めです。メニューはキジバトばかりのようです。

DSC_0174-2.jpg

紅葉狩りには行けなかったので、林のなかの紅葉で我慢しました。紅葉とツルウメモドキ。

DSC_1545-2.jpg

今日は札幌が初雪でした。日本海、オホーツク方面は荒れ模様。いよいよ、長い冬がやってきます。十勝は晴れましたが、午後雪が舞いました。林は日に日に色を失い、いつのまにか冬景色になっていました。


Comment:0  Trackback:0
2015
10.19

ゴジュウカラとハシブトガラ

あれ?!誰かここで水浴びしたのかな?
DSC_1567-2.jpg

いいお風呂だったな~、羽繕い羽繕い・・・
DSC_1574-2.jpg

ん?
DSC_1577-2.jpg

文句ある?!!
DSC_1579-2.jpg

ないけど・・・。
DSC_1568-2.jpg

おまけ。明け方、なぜか林に立ち寄ったミソサザイ!!・・・の証拠写真。

DSC_1559-2.jpg

でも、これっきりでした orz


Comment:8  Trackback:0
2015
10.14

シジュウカラとハシブトガラ

シジュウカラの群れが、毎日ほぼ決まった時間になると林にやってきます。ときどきシマエナガの群れがくっついているのですが、移動がとても早く、今日もカメラを取りに行っている間にいなくなってしまいました orz でも、どうやら巡回コースには入っているようなので、またのチャンスを待ちます。シジュウカラの群れは10羽に満たない数です。

DSC_1504-2.jpg

カシワの葉で懸垂?

DSC_1475-2.jpg

目の前にやってくるのはネクタイの立派なオス。こちらではミノムシを見つけたようです。

DSC_1535-2.jpg

ハシブトガラはほとんどの時間、林のどこかにいます。なにか黒い実を食べています。動きがあまりに高速なのでぶれました(汗)

DSC_1505-2.jpg

陽のあるうちに水浴び。

こんなのまだまだ寒くないよ
DSC_1524-2.jpg

外で仕事していると、午前、午後きまった時間に鳥のこえがしてくるので、そのときが休憩タイムになります^^  (←私がきょろきょろするので仕事にならない)


Comment:6  Trackback:0
2015
10.12

アカゲラとミヤマカケス

Category: 出逢った野鳥
このところ、晴れた日は林の強風で落ちた枝ひろい、ササ刈り、落ち葉集め、薪割りと、毎日外仕事ばかり。短い秋晴れなのになぁ、どこか行きたいなぁ、と思いつつ、でも雪が来る前にすることがいっぱいありすぎてなかなか出かけることができません(泣)
さて、林にいると騒がしいのはミヤマカケス。3羽も来るので、毎日ギャーギャーと賑やか。今年はどんぐりが不作だそうですが、アカゲラ林はカシワの実がたくさん落ちています。

ミヤマカケス参上!
DSC_1480-2.jpg

アカゲラは一瞬で追い払われてしまいました。

うっ・・・うっ・・・
DSC_1482-2.jpg

・・・なぁんて、すいと逃げて、じつのところあまり気にしていないようです。それより怖ろしいのはときどき音もなくやってくるオオタカらしき猛禽。林の中で、お食事(キジバト)したあともありましたしね。アカゲラも慣れたふうで、気を取り直して。

なにかあったんですか?
DSC_1489-2.jpg

カケスの方は・・・

DSC_1501-2.jpg

すりすり?

DSC_1499-2.jpg

ナワバリの印なのか、ただ痒かっただけなのか。
そのとき、デントコーンの畑から15羽ほどのアオジの群れがやってきて、林は急に賑やかに。でもカケスのせいか、一斉に暗がりに隠れちゃった。

DSC_1477-2.jpg

でも、群れになっているということは、もうじきここから旅立って、もっと暖かい場所に移動するということなので、見ている私には寂しい光景なのです。

DSC_1493-2.jpg

雪虫も見てしまった。雪虫を見たら1ヶ月後は雪が降ると聞きました。まだバードテーブルの用意もしていない。焦る~!


Comment:4  Trackback:0
2015
10.06

昨日、ここにあったっけ?

雨の翌日林を歩くと、たいていきのこに出会います。「またか・・・どうせ毒きのこだものなぁ」と思いつつ、カメラを持っていれば写真を撮ってしまいます。

DSC_1335-2.jpg

一見おいしそうだけど、手が出せません。図鑑を見ると、アカツムタケというのに似ています。「食毒不明」ですって。やはり食ベられませんね。
きのこの寿命は短いので、次の日見ても、もう消えていたりすることがあります。一期一会。
それに、「去年この辺りにあのきのこが出ていた」と行ってみても、毎年同じ所には出ていないのです。神出鬼没。
あの最強毒きのこ、ドクツルタケに続いて、今年はこれが出ました。
猛毒イッポンシメジ
!!・・・ ヒィィィィィ(゚ロ゚;ノ)ノ  

DSC_1171-2.jpg

これだから、林にあるきのこを食べようとは思えない。一昨年、唯一食べた、タマゴタケも、あれから出ていません。

毎日パタパタとカシワの実が落ちる音がしています。やってきたのはカケス。実を食べていました。

DSC_1407-2.jpg

あれ?まさかそんなところに隠しているの??

DSC_1408-2.jpg

今は毎日林床の片付けと、恒例のササ刈りをしています。一日中林にいると、きのこのほかにもいろいろ発見がありますが、今日見つけたのはこれ・・・。

DSC_1510-2.jpg

何かの動物の骨です。太い・・・。「鹿じゃないの?」と相方は言っていますが、私は、もっとおおきな動物ではないかと・・・??((((;´・ω・`))) 
毒きのこよりもミステリアスなものを見つけてしまいました。


Comment:6  Trackback:0
2015
10.04

いつのまにか

Category: 出逢った野鳥
シルバーウイークは、娘の来襲と文鳥の同居問題で明け暮れました。
札幌まで出かけたのに、娘の要望はHTB、大通公園、時計台、羊ヶ丘公園と、ベタすぎる(一部マニアックな)観光地巡り orz 私は札幌生まれですが、幼い頃そういう場所へ行った写真はあるものの、記憶はなかったので、あらためて行くと新鮮でした^^
(写真はあまりに恥ずかしいので割愛)
せめてヤマガラに会いたかったけど、会えたのはヤマガラ珈琲さんでした^^ (@オータムフェスト2015) ご店主も鳥を見る方だそうです。ここへもいつか行ってみたいです。

DSC_1467-2.jpg

この頃、お隣の農場で出会ったタンチョウ。娘は初めてタンチョウを見て興奮していましたが、まだ若い鳥だったようで、あたまが赤くなかったのが残念でした。

DSC_1412-2.jpg

立ち姿が人間ぽい・・・モデル立ち?(笑)堆肥の虫を食べに来たらしいけど、1羽です。怪しい人間が来たので逃げてしまいました。ゴメンネ。

DSC_1422-2.jpg

このあと切り込みの終わったデントコーンの畑に移動して、落ちているコーンを食べていました。

DSC_1423-2.jpg

娘を見送ったとき、道の駅のそばにいたハクチョウ。もう渡ってきた??1羽だけなので、ここに残っていたのかもしれませんが・・・。

DSC_1447-2.jpg

カモたちもいました。渡ってきたのかな?地味~な姿をしているので、私には判別できません。

DSC_1443-2.jpg

別の日、ご近所の畑にできた水たまりでも発見。・・・マガモかなぁ?渡ってきたのかなぁ?

DSC_1451-2.jpg

カモのいたところは、これから豆を刈り取る畑。

DSC_1458.jpg

わっ!!マガンもいたっ!(ここは後日、十勝のとある町で)

DSC_0083-2.jpg

やはり渡り鳥はもう来ていたんだ。そういえば宮島はマガンの渡り最盛期という新聞記事があったような・・・。バタバタして気づかないうちに、季節が目の前を通り過ぎていたんだなぁ。


Comment:2  Trackback:0
2015
10.03

実りの秋に

Category: 生活
台風21号のなれの果てがとんでもない暴風を持ってきました。収穫の秋に招かれざる客ですが、朝、虹を連れてきました。

DSC_0078-2.jpg

晴れていても外には出られないので、家の中でひたすら溜まった仕事を片付けました。
畑やご近所からいただいた秋の実りを無駄にしないための作業です。

DSC_0080-2.jpg

このあたりのひとたちは、巨大な冷凍庫を持っていて、いろいろなものを冷凍して保存しています。うちには通常サイズの冷凍冷蔵庫しかないので、今年は常温で置ける保存食を作ってみました。

DSC_0079-2.jpg

畑や頂き物のミニトマトのピクルス、産直市場で買ったすもものコンポート、7月に摘んで冷凍しておいたハスカップのジャム、娘が父さんと穫ってきた山ぶどうのジャム、お隣の木に実った、ほぼ野生のリンゴから作ったプリザーブ。
逆さにしてあるのは、作りたて。熱湯消毒した瓶に煮えたばかりの中身を詰めて、逆さにして冷まします。
まだとうもろこしの加工が残っているけど、これでようやく一段落した!・・・と思ったら、夕方、ご近所から頂いたものは・・・

DSC_0081-2.jpg

段ボールいっぱいのナラタケ orz 
・・・いや、おいしいんですよ、貴重な秋の贈り物なんですよ!!・・・これからまた瓶詰めを作ります・・・。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top