2015
05.31

攻防戦

アカゲラ林では、どの鳥も子育てに忙しくしているようです。ゴジュウカラとハシブトガラは1回目の子育てを終えたようで、巣の出入りが見られなくなりました。ほかにも、カワラヒワ、アオジ、コサメビタキ、アカハラのこえが毎日聞かれるので、これらが営巣していると思われます。そんなとき、迷惑なものが舞い込んできました。

DSC_9394-2.jpg

カッコウ、と鳴くこえが少し離れたところから聞こえています。これは♀なのかな?
ここはコムクドリが見張ってたはずなんだけど・・・

DSC_9395-2.jpg

・・・オイッ!のんびり羽繕いかい!!(この↓にカッコウがいる)

DSC_9396-2.jpg

カワラヒワは2組のペアが居るのですが、全員で追い払いにかかっていました。(どんくさいので1羽しか写らなかった・・・しかもボケてるし・・・orz)

DSC_9399-2.jpg

ほっとしたのもつかの間、すぐにまたやってきました。

DSC_9404-2.jpg

ポポ・・・ポポ・・・と鼓を打つような・・・え?!カッコウじゃなくて、
これは ツツドリ!!ヽ(゚Д゚)ノ センダイムシクイに託卵するって?たいへんだ~!

DSC_9407-2.jpg

林は再び騒然とします。こちらも、やはりカワラヒワが追い払いました。今回はカワラヒワ大活躍でしたが、アカハラが全力で追い出すところを見たこともあります。朝から大騒ぎのアカゲラ林でした ε-(´・`)


Comment:4  Trackback:0
2015
05.25

電柱オオジシギ

Category: 出逢った野鳥
去年はオオジシギが敷地の草むらで 営巣していてビックリ でしたが、ディスプレイする姿はあまり見ていませんでした。今年も、オオジシギが来ています。去年ここで生まれた子も無事に帰ってきているでしょうか。

DSC_9363-2.jpg

またもやアカゲラ林の上空で、毎日ズビヤクと賑やかです。朝は、電柱のてっぺんでさえずっています。電柱はオオジシギの定番の場所なのですか?

俺だ!俺だ!俺だ!俺だ~!
DSC_9369-2.jpg

・・・と、私にはなぜかタカ&トシのギャグに聞こえる。(←あくまで個人の感想です)
チラリとこちらを見て、どこかへ飛んでいきました。明日もまた来るかな?

DSC_9362-2.jpg

思い出したのでおまけ。
ちょっと前、なぜか同じ電柱のてっぺんででドラミングするアカゲラ・・・(orz 脱力)

DSC_9026-2.jpg

・・・まぁ、そこ鉄板だからよく響いていたけどね。

今でしょ?!
DSC_9032-2.jpg

このアカゲラは、ナワバリを誇示しに来た、冬から林にいるペアの片方なのか、それとも他所から林に来てみた新参者なのか??・・・わかる手だてはありませんが、アカゲラは、今も毎日うちの林に朝ごはんと晩ごはんを食べに来ています^^


Comment:2  Trackback:0
2015
05.23

ご近所に来た夏鳥たち、ととのいました!

Category: 出逢った野鳥
夏鳥が続々とアカゲラ林と、その周辺に到着しています。
谷地で出会ったのはベニマシコ♀ 藪の中を元気に飛び回っていました^^

DSC_9143-2.jpg

正面顔。ぶちゃカワ~ ヾ(≧▽≦)ノ あっ、でも、かわいいです^^;

DSC_9141-2.jpg

近くのキャンプ場。いつもならさえずり頼りに場所を探すのですが、このキビタキは、ふいにそばに飛んできました。

DSC_9238-2.jpg

そして、あとからさえずりました。突然の出会いにびっくりです。

DSC_9241-2.jpg

そして、2年前アカゲラ林に住み始めた夏、一番はじめに出会ったコサメビタキ。今年もアカゲラ林に来てくれました。

DSC_9325-2.jpg

昨年は、この時期風邪で寝込んでいたのであまり見られなかったけれど、今シーズンは、まだカシワの葉が小さいうちに出会えてラッキーでした^^

DSC_9328-2.jpg

オオジシギは、毎日夕方、欠かさずディズプレイ。とくに曇りや雨が降っているときは何度も盛んに行います。このあたりの人が「アメフリツバメ」と呼ぶ所以です。

DSC_9317-2.jpg

アカハラはまだいますが、前ほどひんぱんにさえずらなくなりました。お相手を見つけたのかな?相方からの情報では「ノゴマもいた」とのこと。まだ確かめられていませんが、周りに木がなくなったせいか、今年はアカゲラ林に鳥が集まっているような・・・??



Comment:4  Trackback:0
2015
05.21

キタキツネの親子

Category: 周辺自然観察
緑が日に日に濃くなっていくこの頃、鳥たちだけでなくほかにも新しい命を育んでいたものがいました。牧草地にいたキタキツネ。よく見ると・・・。

DSC_9304-2.jpg

まだ小さな仔ギツネがいっしょでした。

DSC_9288-2.jpg

お母さんから離れてこちらに駆けてきます。牧草が伸びてるので見え隠れしながら・・・。

DSC_9275-2.jpg

DSC_9276-2.jpg

キタキツネはエキノコックスの媒介もあるし、嫌われものですが、ネズミを食べたりして害獣駆除にも一役買っているはず。
お母さんはこの子たちを育てるために必死に狩りを行っていることでしょう。この場所には2世帯9匹ものキタキツネがいるそうです!・・・やはりちょっと多すぎるかな!?(´∀`;)


DSC_9307-2.jpg

でも、こどもはやっぱりかわいいです。きゅんとしちゃいます~ (´▽`)



Comment:8  Trackback:0
2015
05.18

ハシブトガラVSニュウナイスズメ

ハシブトガラは「 去年とおなじミズナラの木 に出入りしていた」という相方からの情報です。いました、いました^^

DSC_9222-2.jpg

親たちが葉の裏から小さな虫を探していました。これを雛に与えるとしたら、雛がまだ小さいということでしょうか。2羽のアクロバットが続きました。

DSC_9102-2.jpg

そこに登場したのが・・・
ニュウナイスズメ! ヽ(゚Д゚*)ノ  

DSC_9194-2.jpg

ケンカ上等!
DSC_9203-2.jpg

受けて立つぜ!!
DSC_9211-2.jpg

・・・と言ったかどうか知らないけれど、ジージー、びちゅびちゅ、と応酬が続き、ハシブトガラのペアは、必死に追い払っていました。(あまりに素早くて撮影不可)

おぼえてろ~
DSC_9208-2.jpg

と、これも言ったかどうかわかりませんが、10分後、ニュウナイペアは退散。

やっと追い払ったわ
DSC_9216-2.jpg

あんたもさっさと向こうへ行きなさい!
DSC_9230-2.jpg

このあと、しきりにあたりを見回しながら、用心深く1羽ずつ巣穴に入っていきました。
ハシブトガラ、強し!ちなみに、私が水飲み場のそばにある畑にいると、ヴィー!!(訳:じゃまだから早くどきなさいよ!)と怒られます・・・orz



Comment:4  Trackback:0
2015
05.16

センダイムシクイと、えーと・・・これは・・・

林では、ナナカマド、サクラ、ハウチワカエデ、モミジに続いて、一番遅いカシワの葉も展開をはじめました。緑が濃くなるにつれ、小鳥たちの姿が見えにくくなっていきます 。
そんななか、ギリギリセーフでセンダイムシクイの姿が撮れました (^o^)ゞ

DSC_9012-2.jpg

チヨチヨビー!
DSC_9013-2.jpg

ちいさいのに、すごい声量だなぁ。今年も雛を見せてくれるでしょうか。
これは別の林で見たムシクイ・・・。

DSC_9068-2.jpg

それまで「ヒーツーキー」というこえが聞こえていたので、エゾムシクイ?と思ったのですが・・・。

DSC_9069-2.jpg

この子からは「ピ、ピ」という地鳴きしか聞いていないので、私にはどのムシクイかわかりません^^;
それに図鑑のエゾムシクイはお腹が白い。この子は黄色いです。

DSC_9070-2.jpg

う~ん・・・あなたは誰??
ムシクイ類はほんとにややこしくて、見分けられません (´ヘ`;)


Comment:6  Trackback:0
2015
05.14

アカハラも到着!

コムクドリとゴジュウカラのかけひきのあいだ、何事もなかったように地面にいるのがこの方です。のんきに見えるからこんな台詞つけちゃいましたけど、ほんとはかっこよく♀にアピールしてるのだと思います^^;

やっと着いたべ
DSC_9090-2.jpg

どれ、テリトリーを見渡すべ
DSC_9082-2.jpg

ちょこっと鳴いてみっか?
DSC_9088-2.jpg

キョロン!!
DSC_9087-2.jpg

空が明るくなるとすぐにキョロンキョロンと鳴き出すので、最近は4時に目が覚めます。これからはだんだん早くなって、3時半頃から鳴き出すようになります。夕方は、日の入り前によく鳴いています。
2013年 にはアカゲラ林で子育てしたと思われるのですが、去年は見ませんでした。今年はどうなるかな?


Comment:4  Trackback:0
2015
05.13

コムクドリVSゴジュウカラ

今年も林にやってきたコムクドリペア。
巣になるところを必死で探し始めました。アカゲラ顔負けのコムクドリ♀

ここはどうかしら?
DSC_9042-2.jpg

あちこちに開けられた穴を覗き込んでいます。

DSC_9045-2.jpg

DSC_9035-2.jpg

とうとう、ゴジュウカラが巣を作っている木にやってきました。

DSC_9096-2.jpg

ゴジュウカラはその様子をじっと見ています。

あっちいけ!!!
DSC_9054-2.jpg

2羽で羽繕いして長いことくつろいでいましたが、諦めてどこかへ飛んでいきました。
ほっとして巣に戻るゴジュウカラ。

DSC_9099-2.jpg

「よしよし、白塗り仮面はお父さんが追い払ったからね」とでも言ってるのでしょう
(・・・なわけない)

DSC_9100-2.jpg

今のところまだゴジュウカラの巣は無事です。なかではひなたちの元気な鳴き声が聞こえているので、これならもう大丈夫とは思うのですが・・・。
早くどこかにコムクドリの巣が見つかるとよいです。


Comment:6  Trackback:0
2015
05.12

コムクドリ到着!

ケルルル、ギャルギャル・・・というこえがする。・・・とうとうアイツが・・・

来たぞ~!!!
DSC_8994-2.jpg

自分より大きい、あのヒヨドリさえも追い払う強者、白塗り仮面こと、

DSC_8986-2.jpg

コムクドリ!ヽ(゚Д゚*)ノ

DSC_8981-2.jpg

一方こちらは、去年コムクドリが巣を作った穴に、すでに巣を構えていると思われる、
ゴジュウカラ。しきりに鳴いてあたりを警戒していました。林に緊張感が走ります。
がんばれ!ゴジュウカラ!・・・つづく。

DSC_8990-2.jpg

・・・樹上のドラマはさておき、地上では、昨年こっそり林の中に植えたカタクリが、花を咲かせてくれました^^

P1180797-2.jpg

ある方にバケツいっぱいの球根を譲っていただき、「4畳半くらいの広さに植えるだけの量がある」と言われた(と、相方が聞いていた)のに、私はそれを知らなくて、わずか半畳くらいに植えて密集させてしまいました。いただいた半分くらいしか地上に出ていないと思う・・・ orz
でも、もう掘り返してはいけないと言われました。見た目は贅沢な光景ですが、カタクリにはものすごく迷惑だったはず。ゴメン・・・。


Comment:4  Trackback:0
2015
05.10

国後から来た桜

Category: 周辺自然観察
今年は釧路と根室の桜の開花がいっしょでした。想定外!!(>_<)
もう満開にちかい桜もあるらしいので、千島桜を見るために、予定を早めて根室へ行くことに・・・。でも、この日は黄砂の影響で空がくすんでいて、残念でした。

P1180816-2.jpg

境内にある桜は高さも色合いもさまざまですが、みな千島桜なのでしょうか??この桜は、ハイマツのように枝を横に伸ばし、厳しい環境に耐えた姿をしていました。

P1180806-2.jpg

花びらは梅のように小さいのに、数個の花が鞠のように咲いて、華やかです。
相方はもっと素朴な姿を想像していたようですが。

P1180826-2.jpg

P1180814-2.jpg

町なかなので、スズメがいました。

DSC_8963-2.jpg

ほわほわおなかがかわいいかった^^ (←桜と関係ないけど・・・)

DSC_8970-2.jpg


Comment:4  Trackback:0
2015
05.04

桜サク

Category: 周辺自然観察
昨年は、相方と私が風邪で行けなかった、静内20間道路のエゾヤマザクラを、ようやく見に行くことができました^^連休の一日前、朝早く家を出たのでまだクルマは少ないですが、帰るころには、駐車場になっている道の片側に、びっしり並んでいました。相方は桜大好きなので、花の写真を撮っていました。私は桜×小鳥を狙ったのに姿はなし・・・orz
桜はこの日満開だったので、連休はさぞ混雑したことでしょう。

P1180765-2.jpg

静内の桜。色もおおきさもたくさんのバリエーションがありました。
エゾヤマザクラの花弁は本州のオオシマザクラくらいの大きさでしょうか。

P1180743-2.jpg

これはアカゲラ林のエゾヤマザクラ。ピンクがかったこの色合いの花が多いです。

P1180769-2.jpg

今年は、近所の谷地(ヤチ)に、たくさんのエゾノリュウキンカとエゾエンゴサクをみつけました。エゾノリュウキンカはヤチブキともいって、アクもないのでゆでたり、花を天ぷらにして食べることができます。私も一度だけ花の天ぷらを作って食べました。ただ・・・
ここはクマが出るので、気をつけないといけない場所です^^;

DSC_8944-2.jpg

キタコブシは春一番に咲くので、今はもう終わりがけです。

DSC_8961-2.jpg

ここにはウグイスがあちこちで鳴いていました。もう少し葉が茂ったら、見つけるのは難しくなるでしょう。あんがい素早い動きで、枝から枝へ落ちつきなく飛び回りながら、さえずっていました。

DSC_8948-2.jpg

高い木のてっぺんに、オオジシギも見ることができました!じ~っととまって、動きません。ときどき「ズビヤク ズビヤク」鳴いていました。

DSC_8937-2.jpg

・・・と、ここでご近所さんが山菜の様子を見にやってきました。立ち話をしているうちに、オオジシギはどこかに飛んでいってしまいましたとさ orz

「谷地」ヤチというのは北海道では湿原をさすことばだそうです。アイヌのことばに由来するとも言われています。近所には畑の間を流れる川や湧き水が多くあり、湿原の植物が豊富です。


Comment:8  Trackback:0
2015
05.02

桜の咲く前に

Category: 出逢った野鳥
アカゲラ林はいまエゾヤマザクラが咲き始めています。

P1180775-2.jpg

その少し前、アオジのペアが、巣になるところを探して林のなかを飛び回っていました。

DSC_8906-2.jpg

ゴジュウカラはすでに林に巣をつくったようなので、毎日ここで生活しています。ペアのお相手のために食べ物探し。はりきりすぎて直角??

DSC_8810-2.jpg

ゴジュウカラが木を突いて虫を探していると、ハシブトガラも現れました。ハシブトガラも、某所に巣があるようで、そのあたりに近づくと怒られます。やはり食べ物探しに来たのでしょう。ゴジュウカラの獲物を狙っています。

DSC_8899-2.jpg

コラ!!
DSC_8900-2.jpg

今回はゴジュウカラの勝ち。でも、ゴジュウカラだってアカゲラが食べ物をみつけたところに行って、追い払われたことがあります。みんな必死ですね。
カワラヒワは、10羽くらいの群れでやってきます。♂は毎日あちこちでさえずっているので、女の子は迷うだろうな。

どのイケメンにしようかしら?
DSC_8904-2.jpg

いつもの場所にエゾノリュウキンカ、エゾエンゴサクが咲き、ナナカマドの葉も展開してきました。このあと、カシワの葉が開き始めると、センダイムシクイやコサメビタキもやってくることでしょう。
私は明日から春の援農に出ることになりました。ジャガイモ植え、2年目です。
・・・あすからはヘトヘトかも・・・ミ(ノ;_ _)ノ =3



Comment:4  Trackback:0
back-to-top