2014
11.24

ゴジュウカラの水浴び

外仕事していた相方が、「ゴジュウカラがいるよ」と知らせてくれました。
とっさのことだったので室内からの撮影です。

ここに何かあるね・・・
P1170872-2.jpg

でもね・・・
P1170873-2.jpg

P1170875-2.jpg

今は水浴びなのさ!
P1170877-2.jpg

今のところ林にいるゴジュウカラは、このシロハラゴジュウカラ1羽だけです。この日は寒波がゆるんで、珍しく水入れの水が凍っていなかったせいでしょうか。ヒマワリの種を見ても知らん顔で水浴びしていました。相方が「さっき、地面に落ちていた小豆をつついていたよ」というのですが・・・??
えっ?そんなもの食べるのかい?!
その後、ヒマワリの種はなくなっていましたが、誰が食べたのかな?(私はまだ見たことがないのですが、リスもいるらしいので)


Comment:6  Trackback:0
2014
11.23

冬支度

ここ十勝で初めての冬を迎えることになった私と相方。そのためにしなければならないことが山ほどあります。ところが、日中の長さは日一日と短くなっていき、この頃は、午後4時頃太陽がもう山の向こう。相方と玄関デッキを作っていますが、あっというまに「今日は終了!!」に・・・ orz これから冬至まで、どんどん短くなるのですね~。間に合うんか?

P1170860-2.jpg

働いていた農場からいただいたキャベツ、白菜、大根、人参、馬鈴薯、これを無駄にできないので、「蓄える」工夫をしなければなりません。はじめての経験です。ついでだからと、市場でもとめたゴボウ、長葱、玉葱。近くの農場から買ってきた長芋も保存することにしました。

P1170802-2.jpg

地面に穴を掘り、根菜類を埋めてしまいます。「室」(むろ)というそうです。こちらは馬鈴薯、人参、長ネギなど。これは埋めるまえ。このあと土とまめがらで覆い、屋根をつけました。おなじものをもう一カ所作り、白菜、キャベツ、ごぼう、大根などを入れました。葉ものは乾かしてから新聞紙で包み、土の中のコンテナに入れました。

P1170804-2.jpg

町の人はスーパーが近くにあるので、室にしまう人は少ないようですが、ここは町まで遠いし、開拓民の土地なので、ご近所のみなさんは保存をしています。秋には各地で収穫祭があるので、大量の野菜が出回り、安く買えるということもあります。春先になると、本州から来る野菜は本当に高かった。

岐阜の、私が住んでいたところでは、冬でも地物のサラダ野菜が買えましたし、大根も白菜も長葱も、畑に植わったまま冬を越していました。雪が積もるところでは、雪中野菜として保存が出来ます。でも、ここでは雪が少なく、地面から上のものはすべて凍りつくので、地面の下に保管するよりありません。今は、ご近所の家にはみな地下室があり、地面を掘らなくてもそこに保管できます。(我が家では地下にストーブが設置してあるので「室」として使えない)
室に入りきらないぶんは漬物にしました。白菜漬け、味噌漬け、粕漬け、キムチ、にしん漬け。写真には写っていませんが、このあと沢庵も漬けました。それぞれが漬けたものを持ち寄ってお茶(女子会)するのも、このあたりの冬の楽しみです。

P1170843-2.jpg

漬物にしてしまえば、あとは凍っても大丈夫。こどもの頃、母の漬けたにしん漬けを物置に取りに行くのに、上に張った氷を砕くため、金槌を持たされ、ついて行った覚えがあります。
鮭のなれずしも作ってみたかったのですが、ご近所の方が分けてくださるというので、今年はやめました。
薪もたくさんいただきました。トドマツの葉は臭いでネズミよけにするためのものです。

P1170861-2.jpg

家が狭いので、ストーブを焚けばすぐに熱帯(笑)おかげさまで暖かく過ごせています。

P1170849-2.jpg

余談ですが、昨年越冬させようとはりきった野菜たちは、相方がまちがえて車に積み込んでしまい、岐阜で食べるはめになってしまいました。だから、越冬野菜は今年が初なのです。


Comment:5  Trackback:0
2014
11.21

未知の日々へ

11月のはじめで農場の仕事が終わり、待っていたかのように寒波がやってきました。初雪も降りました。そのときの雪は、2週間経った今も日陰に残っています。

P1170857-2.jpg

林はもうすっかり冬の姿になりました。

P1170855-2.jpg

低気圧がいくつも通り過ぎ、なかには台風なみの暴風を伴ったものも。目の前で桜の枝がバキバキと音をたてて折れたときは、肝を冷やしました。

P1170842-2.jpg

毎朝氷点下5度以下になるので、霜柱だらけです。5㎝を超えています。日中は5~6度になり、陽も差すのですが、溶けずに残って成長を続けます。

P1170837-2.jpg

冬を告げにやってきたツグミ。でもすぐにどこかへ行ってしまいました。

P1170836-2.jpg

冬の群れになるかと思っていたシジュウカラと、コガラの群れもいつのまにかいなくなり、今アカゲラ林にいるのはアカゲラ、ゴジュウカラが1羽、ヒヨドリ2羽、ときどきノスリ、そして、ここで子育てしたと思われるハシブトガラのペアだけになりました。近くをシマエナガが通ったようですが、林には来ませんでした。だんだん鳥が減っていき、寂しいこの頃です。
アカゲラも寂しいのか、ときどきわが家の壁や屋根を突きに来ます。・・・迷惑だからやめてください^^;
昨年は11月22日にここを出て岐阜に戻りましたが、今年からはもう帰るところがないので、これからは未知の日々が始まります。



Comment:2  Trackback:0
back-to-top