2014
09.30

忙しいゴジュウカラ

十勝晴れの日が続いています。
週末は、相方が札幌で知り合いに会うというので、ついて行って私も友人と会いました。
野幌森林公園でヤマガラを見たのが懐かしかったけど、撮影はできず・・・。
ほかにブログにするようなことは、とくにありません^^;
林に帰ると、枯れ木にゴジュウカラが来ていました。

P1170685-2.jpg

とても忙しそうに飛び回っているので、なかなかつかまりません。

P1170686-2.jpg

虫?ゲット。

P1170689-2.jpg

P1170690-2.jpg

得意のポーズ。

P1170693-2.jpg

このゴジュウカラ、ときどき枯れ木の穴に出たり入ったり。貯食でもしているのかな?


Comment:0  Trackback:0
2014
09.24

ある日の風景

Category: 周辺自然観察
毎日見ている風景ですが、ときに思いがけないものと出会うことがあります。
雨上がりの虹。

P1170656-2.jpg

消えてしまうまで短い時間でしたが、180度ひらけているので、端から端まで虹でした。

こちらは赤い牧草地。

P1170667-2.jpg

イヌタデ(赤マンマ)かなぁ?これだけ広いところに群生すると見応えあります。アッケシソウみたいでしょ?すぐに鋤きこんでしまうとおもうので、これも今だけの風景です。

相変わらず収穫に行っているので、ゆっくり鳥をみることはできませんが、林の中にシジュウカラの群れが来ています。ゴジュウカラにも会いました。秋のメンバーが増えたようです。デントコーン刈りが終わりましたが、ノビタキはまだ残っていました。畑でハクセキレイの群れを見ました。ハクセキレイが群れているのも初めて見ました。どこかへ渡る途中なのかな。
収穫も山場をこえました。終わったらゆっくり鳥を見に行きたい・・・と思っても、その頃にはもう夏鳥がいなくなっているでしょうね・・・(^_^;)


Comment:4  Trackback:0
2014
09.11

モズしかいない

Category: 出逢った野鳥
秋が深まってきました。ノギクがたくさん咲いています。蝶もまだいます。シロスジチョウというのでしょうか。夏のあいだじゅう飛んでいました。

P1170651-2.jpg

雨で農作業が中断したので、晴れ間にノビタキがいるか見に行きました。こえはすれども姿は見えず・・・。それもそのはず、こんな子が隠れていました。

P1170629-2.jpg

私よッ!
P1170631-2.jpg

たべものないかしら~?
P1170641-2.jpg

これではノビタキがここにいないわけです・・・ orz
夏鳥がだんだんいなくなりますが、ノビタキはまだいます。大根を収穫していたとき、畑にいたのはヒバリでした。休憩したとき、カラマツのなかで鳴いていたのはコガラでした。「ヴィー!ヴィー!」と、まるでヤマガラみたいに鳴いていました。林も、いつもいるのはアカゲラとコガラくらいです。
寂しくなってきたなぁ・・・。


Comment:2  Trackback:0
2014
09.10

神秘な?大根

Category: 生活
引き続き、野菜の収穫に呼ばれています。今年はひとの都合がつかず、ほんとうに困っているようで、毎回のようにお呼びがかかります。仕事もなんとか慣れてきました。
大根は朝6時から収穫がはじまります。穫ってはコンテナに積み、いっぱいになるとコンテナをトラックに乗せ、すぐに出荷、を繰り返して60コンテナぶん。やっぱりへとへとになりました・・・。そんな目の回る忙しさのなか、こんなものが機械に上がってきました。

P1170620.jpg

愛し合ってるか~い!!と、キヨシローさんなら言いそうな、この大根。
これまでも見たことはありましたが、なぜこんなふうになるのか、今回教えて貰って謎が解けました。「こりゃ、間引きしそこねたからだ」。距離が近いまま大根が育っていくと、なぜかこんなふうに巻き付いてしまうというのです。こうなる過程はわかったけれど、なぜそうなるのかはわからない・・・。「大根に聞いてみな?」
・・・そういわれて持って帰ったけど??・・・^^;


Comment:0  Trackback:0
2014
09.06

ばんえい競馬

Category: 生活
このたび、ご縁あって、ばんえい競馬に行ってきました。
岐阜にも笠松競馬がありましたが、競馬場でじかにレースを見たことはありませんでしたから、初・競馬です。馬券もちゃんと買いました^^ 初めてでも親切に教えてもらえます。

P1170561-2.jpg

北海道開拓時代に活躍した農耕馬が、その特性を生かして、重しを引っ張りながら、200メートルの距離を、ふたつの障がいを超えて走る競馬です。サラブレッドしか見たことがなかった私は、農耕馬と聞いて、どっしりした足の短い馬を想像していました。たしかに大きいけれど(サラブレッドの2倍の体重があるそうです)よく手入れされていて、それは美しい馬たちでした。いよいよ出走!

P1170562-2.jpg

ガンバレ~!!(とくに馬券を買った馬)・・・あれ?馬たちが止まっちゃった?!
そうなんです、障がいを乗り越える手前で、そこから仕切り直して一気に駆け上がるのです。そのあと騎手の駆け引きがあって、勝敗が決します。コースで立ち止まるなんていう競馬も、ばんえい競馬しかありえません。そのあと、重量のある馬たちが一気に駆け上がる様子が迫力満点です!

P1170565-2.jpg

P1170566-2.jpg

200メートルの馬場なので、馬と一緒にゴールまで駆けていくひともいました。見ての通り、馬とひととの距離もとても近いのです。馬とかけっこできるのも、ばんえい競馬だけでしょうね。

P1170570-2.jpg

ゴール!!・・・勝敗はともかく、馬は、ほんとうにけなげで美しい生き物だということが、よくわかりました。

P1170572-2.jpg

ささやかですが、納税してきました^^;十勝の農業高校を舞台にしたマンガ、『銀の匙』のおかげで今年は黒字になったばんえい競馬ですが、相変わらず存続が危ぶまれています。かつては旭川や北見、岩見沢でも開催されていたのが、今は帯広だけになりました。
ちなみに、置戸町というところでは、人間が重りを曳いて走る、「人間ばんば大会」があるそうです。こちらも見てみたい。


Comment:2  Trackback:0
2014
09.03

ノビタキと邯鄲

Category: 周辺自然観察
9月に入り、周囲の牧草地では2番牧草の 牧草ロール がばんばんできあがっています。
私は大根の収穫がひと休みしたので、久しぶりに散歩しました。ノビタキはまだいるかな?

P1170553-2.jpg

いるわよ!!
P1170485-2.jpg

まだいま~す
P1170486-2.jpg

目にする夏鳥は、もうノビタキくらいになってきました。ノビタキたちは相変わらず群れを作っていましたが、牧草が刈られてしまったので、デントコーンの畑に移動していました。デントコーンを刈り取る頃には、どこに行くのでしょうか。
夏中あれほど鳴いていたエゾゼミも、夏鳥の声もなくなって、いまは虫の声だけが聞こえています。カンタンという虫が鳴いているのですが・・・asahimameさんのようには、カンタンに見つかりません^^;それでもじ~っと目を凝らすと・・・

P1170615-2.jpg

これ?? 思っていたよりずっとちいさな、3㎝くらいの虫でした。羽をふるわせて鳴いています。鈴をころがしたような、柔らかい音がしています。

カンタンは簡単ではなく、邯鄲と書きます。中国の地名、故事に由来する名前のようです。日本では、儚さをイメージさせるこの虫、夏の賑やかさのあとで聞いていると、なるほど秋にふさわしいと思えてきます。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top