2013
11.22

アカゲラ林を去る日

アカゲラ林は、すっかりカシワの葉も落ちて、スカスカになってしまいました。
外から家が丸見えに^^;
家にしてみれば「また置いてきぼりですか・・・」と、うらめしそうに言ってるかもしれない。まだ家が完成しておらず、なかなか完全移住できないけど、それも仕方ないのです。
というわけで、今回も、にわか開拓民はいったん北海道を去らねばなりません。
春までさようなら・・・・

P1140483-2.jpg

来春(うまくいけば)こちらでのブログを再開する予定です。
こちらで見てくださった道民の皆様、コメントいただきました皆様、そして、「鳥鳥文鳥」からずっとずっと見ていてくださった、みなさま、ほんとうにありがとうございました。

岐阜でのブログ↓(しばらくあとの再開になります)

http://toridoribunntyou.blog46.fc2.com/

※この記事は予約投稿でUPしました


Comment:2  Trackback:0
2013
11.19

文鳥たちの旅支度

Category: 生活
長女からメールが来ました。

サノスケとロロを、犬や猫と一緒にペットルームに入れちゃダメだからね!!!

・・・きついお達しでございます。大丈夫、今度のフェリーでは、鳥かごを事務室で預かってくれることになっています。ツボ巣も入れておきました。

あれっ?!これ見たことある
なにこれなにこれ?!
P1140504-2.jpg

なんだったっけ?
入ってみちゃう??
P1140509-2.jpg

オッケーみたいよ
P1140514-2.jpg

ロロが卵温め妄想モードなので、サノスケも一緒にその気になっていたのが幸いしました。こんどはすんなり入ってくれたようです。来たときよりずっと寒いので、いざというときは一緒に入っていてくれると安心です。
さらに、今回は家の断熱材のスチロールを使って、三方向から、かごを覆う工夫もしてみました。車の中で使おうと思っています。

P1140515-2.jpg

※この記事は予約投稿でUPしました

Comment:0  Trackback:0
2013
11.17

ナナカマドとヒヨドリ

このところずっと毎朝氷点下です。ヒヨドリが10羽くらい群れていました。これから渡るのか、渡らずにこちらで越冬するのかはわかりません。

P1140495-2.jpg

P1140492-2.jpg

お腹の模様がとてもきれいです。私は、鳥をお腹のほうから見るのが好きです。

P1140493-2.jpg

P1140499-2.jpg

やはりこれからの、旅の腹ごしらえをしているのでしょうか。もうほとんど小鳥の姿がなくなった公園で、ヒヨドリだけがとても賑やかでした^^


Comment:2  Trackback:0
2013
11.14

野菜越冬隊

Category: 生活
町や産直市場では山盛りの野菜を売っています。今朝は、むかわ町の様子を「あさイチ」で放送していたけど、こちらでは、もっと、 どお~っさり 野菜が積んでありました。白菜、大根、にんじん、ごぼう、生姜、キャベツ、長ネギ、たまねぎ、馬鈴薯などなど・・・。それと一緒に、塩や酒粕、昆布、唐辛子、酢、米ぬか、キムチのもとなどの漬物用品も、売り場のかなりの面積を占めて売られています。地場野菜を売る産直市場は11月のはじめには閉店してしまい、冬の間休業になるので、売り収めでもあります。

ご近所さんたちは、自分で作った野菜を土の中に埋めたり、地下室に保管したりしています。にしん漬け、白菜漬け、大根漬けなども作っています。
私も、ちょっと前にご近所さんに、にしん漬けを教わってきました。子供の頃食べた懐かしい漬物です。来年は自分で漬けよう。

P1140473-2.jpg

町のひとは大量に保管することはあまりないみたいですが、幾多の冬を乗り越えてきた開拓民のご子孫たちは、蓄えることをやめようとはしません。私も俄かではありますが、林を開拓したものとして、野菜だけは越冬させようと思っています。そう、不本意にも冬を前に退散しなくてはならない我々のかわりに、せめて、せめて野菜だけは・・・(泣)
・・・いやいや~、じつは、春先こちらに来たとき、野菜の高いことにびっくりしたからです。こちらでは、畑に作物の種まきができるのは、早くても5月連休くらいです。さらに収穫できるのはもっと先になります。それまでは本州からの野菜を買わなくてはならないから、どうしても割高になります。
「でもね、冬の気候によっては、腐ったりして越冬に失敗することもあるよ。」
それを考えれば、賭けだというのです。が、敢えてやってみたい。
そこで、とりあえずこれだけの野菜を「実験越冬隊」に任命しました。(あとで、かぼちゃは保存出来ないと聞いてたまねぎに換えました)

P1140485-2.jpg

凍りつかないように、新聞紙でくるんで箱に入れ、こちらを出るときに、地下室の片隅に置いていくのです。

くれぐれも、春まで達者でおるのだぞ~!!


Comment:2  Trackback:0
2013
11.12

寒波は続くよ

今朝はマイナス8度になりました。日増しに寒くなってきます。家の中もさすがに16度まで下がりました。
でも、太陽があるので、外仕事をしました。林の木を整理していたらお昼近くになってハシブトガラが来ました。・・・縦にとまってます。(手袋が写り込んじゃいました^^;)

P1140488-2.jpg

夏から置いていた水皿に、最近になって、ようやく来るようになったのですが・・・

あれ?!
P1140489-2.jpg

どうなってるの?!
P1140491-2.jpg

どうしたのかと思って行ってみると、水皿は底まで凍りついていました・・・。
朝は氷点下だったから無理ないですが、もう昼だというのに、太陽が照っているのに??

 ぜんぜん溶けてません
 
ええ~?いったい今は何度なのかな??
雪もないので、水が凍ったままなのは困りますね。お湯をかけても全部は溶けません。また明日もマイナス6度予想なので、ずっとこのままですね。
明日は朝からお湯で溶かすことにします・・・。




Comment:2  Trackback:0
2013
11.11

寒波が来ました

今朝の気温氷点下5・7度。三泊四日の寒波、とラジオの天気予報が言っていました。まだ薪ストーブが入っていないのでどうなることかと思っていましたが、室温は18度。地下で焚いている石油ファンヒータの熱がコンクリートに蓄熱して、あんがい暖かくすごせています。

P1140053-2.jpg

外はキーンとした空気。それだけに景色がはっきりして美しいです。カラマツは、こちらのひとはラクヨウといいます。針葉樹だけれど、葉を落とすからです。黄色く染まった葉がもうほとんど落ちかけています。青い空に映えて美しいです。

P1140478-2.jpg

いっぽう、山のほうを見ると、夏の青い山と違って、どんよりとした灰色の冬の雲に、押さえつけられたように黒々としています。こうなると山も恐ろしい様相に見えてくる。札幌や旭川は積雪のようです。

P1140480-2.jpg

林の外で見かける鳥は、カラスとトビだけです。近くの川には渡り鳥の姿もなく、ここにもカラスばかり。

P1140467-2.jpg

いよいよ寂しくなってきました・・・。


Comment:0  Trackback:0
2013
11.09

あと2週間

Category: 周辺自然観察
このところ、家をつくることに追われて、ブログ放置してました^^;
ここをいったん引き上げるまでに、建物の断熱で、めんどくさくて遣り残した部分、内装のやりかけ、ロフト部分の床張りなどを済ませておかなくてはいけません。え?半年もいてまだそんなこともしてなかったの?!といわれそうですが、そのとおりです。今はようやく最後の床にとりかかっています。これがすめば、来春引っ越してきても荷物が置けるし、春先でも暖かく暮らせそうです。

あちこちから冬鳥のたよりが聞かれますが、帯広では、鳥インフルエンザに陽性反応が出たというカルガモのニュースもありました。今シーズンは冬鳥には会いにいけそうにありません。近所で見たのは・・・

P1140027-2.jpg

カシラダカの女の子でしょうか。だとしたら、冬鳥が渡って来たことになります。これから、ここにはとどまらずもっと南下していくのでしょう。(kogamoさんのご指摘でアオジらしいと判明。夏鳥ですね(汗)
ある日、一陣の強い風が吹いたとき、雨のようにカシワの葉が一斉に落ちてきました。

P1110974.jpg

地面はあっというまにカシワの葉で埋まったようになり、林の中がすっかり明るくなりました。

P1140461-2.jpg

なんだなんだ?何があったの?!
P1140439-2.jpg

これで一気に秋から冬景色になったようです。


Comment:8  Trackback:0
back-to-top