2013
09.27

油断できない

Category: 出逢った野鳥
林では少しずつ秋が深まっていきます。

P1130929-2.jpg

昨日は牧草地に珍しいお客さんが来ていました。

P1130952-2.jpg

カナダガンでしょうか。ヒシクイでしょうか。長い旅をしてきたのでしょう、疲れて休んでいるように見えます。
そして今日、キタキツネが別の牧草地を堂々と歩いていました。

P1130963-2.jpg

なんて立派なキタキツネ。毛艶がとてもよく、太っています。今年生まれた2匹きょうだいの親かもしれません。
ヒシクイたちはもういませんでしたが、昨日はこのキツネと出会っていませんように・・・。

カナダガンは頬が白いので、これはマチガイでした。お詫びして訂正します。ぜんたい灰色であるので、ヒシクイとしました。


Comment:6  Trackback:0
2013
09.22

アクロバット・アカゲラ

毎日晴れているのに、今度は家の中の仕事が終わりません(泣)秋は、地域のお祭りや行事がたくさん。お手伝いや、お付き合いもあるので、なかなかはかどりません。今日は気分転換に、短い時間でしたが林で作業しました。するとそのとき、「ケケケケ・・・」と天から鳴くこえが降ってくる。おっと、アカゲラだ。
おひさしぶりです!はじまりはじまり~  ・・・え??!

P1130904-2.jpg

よっ!
P1130901-2.jpg

ほっ!
P1130907-2.jpg

はっ!
P1130908-2.jpg

いよっ!
P1130912-2.jpg

・・・疲れた・・・
P1130909-2.jpg

いやぁ~、すごいすごい!!・・・って、 てっぺんですることがそれか??
はぁ~・・・。帰って仕事しよ・・・。


Comment:6  Trackback:0
2013
09.18

かわいいコガラ

日本じゅうにおおきな被害をもたらした台風18号。ここ北海道にまでやってきて、十勝では飼料用とうもろこしや、たまねぎ、てんさい糖などに影響がありました。立ち去ったあとには、急に秋が訪れて、朝の気温が10度を下回るようになってきました。
まだ下刈りの終わらない林・・・orz
忙しいのは私たちだけではありませんでした。めまぐるしく動き回るこの子たちも、とっても忙しそうでした。5~10羽くらいのコガラの群れです。毎日、林にやってきます。

P1130839-2.jpg

虫をつかまえて、すぐ目の前で食べはじめました。

P1130840-2.jpg

秋の後は冬が来ます。今のうちに、冬、餌の探せるところを見回っているのかもしれません。
・・・あ、目があっちゃった。

ダメ!やらないわよ!!
P1130841-2.jpg

・・・私は虫、いらないですから^^; 北海道にはコガラとハシブトガラがいるそうですが、私にはもちろん見分けがつきません。この群れの中にも、ハシブトガラが混じっているのかなぁ。


Comment:2  Trackback:0
2013
09.12

白いコ ビトたち

もう夏も終わろうとしているのに、林の下刈りがまだ終わりません(泣)
スズメバチも姿を見なくなり、脅威が消えたので、まだ手の入らないところへ切り込みました。・・・・なにこれ?

P1130833-2.jpg

・・・ていうか、またきのこなんですが・・・。雨あがりだもんな。どうせ毒でしょうし。
あれ?

P1130835-2.jpg

一列に並んでる。小人の行進みたいです。どこまでいくの?

P1130836-2.jpg

はるか向こうまでつながっているのがわかりますかぁ~?その距離およそ、3メートル。・・・長ッ!!

P1130834-2.jpg

ウスキモリノカサというきのこらしいです。若いうちはたべられるようなことも書いてありましたが、「デスエンジェル」(ドクツルタケ)にあまりに似ているため、とうてい食べる気にはなりませんでした。「食毒不明」としている図鑑もあったし・・・。しろうとは、まず白いきのこは食べないほうがよさそうです。行進の先に、ドクツルタケも一本みつけましたしね。それにしても、ダジャレきのこシリーズ、そろそろ疲れてきたなぁ・・・。(エッ!そうだったの?というひとはスミマセン、聞かなかったことに・・・)


Comment:12  Trackback:0
2013
09.08

キタキツネ2題

Category: 周辺自然観察
体の具合はとてもよくなったので、林での作業再開しています。いまはツタウルシと格闘中。さて、少し前、鹿追町に行きました。然別湖は国立公園なので、観光客がたくさん訪れます。シーズンオフでしたが、それなりの人出がありました。途中の展望台から見た十勝平野。どんだけ平らなんだ・・・あらためて驚きました。
あ~、あのあたりが自分たちの住むまちかなぁ?なんていいながら眺めました。この日は珍しく午前中快晴だったのですが、午後から曇ってしまい、残念。

P1130825-2.jpg

そして、然別湖へいく途中、やってきたのは・・・

P1130827-2.jpg

このへんのキタキツネは、観光客に餌づけされてしまった固体が、運転席側に向かってくるのです。なんともやりきれません・・・。

 コラ!!食べ物を与えたり、残飯のごみを投げ捨てるなー!! 

・・・と叫んでおいた。

そして、今朝これを発見。

P1130830-2.jpg

なんともゲージツ的なオブジェ。キタキツネがデントコーンを試食していったのですね。
これもキタキツネの本来あるべき姿ではないのだけれど、現実です。
○○さ~ん(←畑の持ち主)キツネが全部食べてるから、そろそろデントコーン、刈り時みたいですよぉ~。


Comment:4  Trackback:0
2013
09.05

ミントティー

Category: 生活
毎日雨で仕事にならないばかりか、なんと、地下室の階段から転倒(3段くらいでしたが)、オシリを打撲してしまい、外仕事ができなくなってしまいました。(鳥の)オチリフェチのバチがあたったんでしょうか・・・・。仕方ないので、家の中で、家計簿ソフトを入れ替えたり、図書館の本を読んだり、データの整理をしたりしてすごしています。
・・・・ん?写真を見ていたら、これは・・・??

P1130448-2.jpg

あ~、思い出した、ミントだ。8月はじめごろ、近所の方のお庭で刈り取らせて頂いたのです。それを束にして、洗濯ひもにかけて、風干ししているところだ。

P1130445-2.jpg

このときも、雨ばかりで、干すのに難儀しましたっけ・・・。でも、なんとかガレージなどで干し続け、今ではお茶になって、おいしく頂いています。茎も入れるのがポイント。

P1130450-2.jpg

ミントティーを冷たくしておいて、作業の合間に飲むと、すーっとして気持ちよかった。暖めて飲んでもすーっとしますが、体は温まるので不思議です。北海道のミントは、ことのほか清涼感があって、岐阜にいたときも友達に持っていくととても喜ばれました。庭で栽培してみたけど、ミントのすーっとした味わいが、こんなには出なかったそうです。品種の違いかも知れませんが、やはり北海道の気候がミントの栽培に適しているのではないかと思います。
図書館の本もみんな読んでしまったし、退屈してきましたが、明日か明後日には、また林の仕事に戻れそうです。


Comment:4  Trackback:0
2013
09.02

文鳥たちのこのごろ

Category: 生活
こちらに来てから、林のことや、外でのことばかり書いてきましたが、一緒に連れてきたサノスケ・ロロの2羽の文鳥たちも、おかげさまで元気に暮らしています。
文鳥たちをこちらに連れてきてよかったと思うことは、文鳥をクーラーのついた部屋に置かなくてすむ。わたし自身もそれがいちばんありがたかったです。
20グラムしかなかったロロは、22グラムに体重が増えて、動きがとてもよくよくなり、元気になりました。そのロロですが・・・いまは25グラムになっています。お腹に卵があって、毎日ひとつずつ産んでいるのです。車での移送やフェリー対策に、あれほど入ってほしいのに、まるで入らなかったかったツボ巣にも、このとおり。

P1130754-2.jpg

ときどき、サノスケも一緒に入って卵を温めています^^;(注:サノスケは♂として売られていたけどじつは女の子だった文鳥です。ペアではないので、残念ながらひなは生まれません)

P1130817-2.jpg

卵は昨日までで3つ。今日で4つ。おなかの具合を見ていると、まだ生みそうな気配です。もうこのへんでやめておいてほしいけど・・・。

P1130818-2.jpg

ロロのえさの食べ方、迫力がすごい。夜、お休みの布をかけてからも、「ザッ、ザッ」とえさ入れをかき回す音がいつまでも響いています・・・。

P1130808-2.jpg

この食欲で、卵を産み終えても、体重がもう少し増えてくれたらいいのだけど。


Comment:2  Trackback:0
2013
09.01

つかの間の雨上がり

Category: 出逢った野鳥
また雨の日に逆戻りです。夏、こんなに雨の多い道東はないはず・・・と思いたいですが。
雨の止み間に外に出ると、吹く風も冷たく感じられてきました。
もういないかと思っていたノビタキ!ちゃんといました。このあたりに、最近モズの若鳥を見かけていたので、しばらく別のところにいたのかもしれません。

P1130775-2.jpg

P1130794-2.jpg

農場のそばにはスズメ。私の家の近くでは見られないから、久しぶりに見ました。

P1130801-2.jpg

P1130802-2.jpg

とても用心深いので近くから撮影できません・・・。
さて帰ろうかと思ったとき・・・
!!

P1130814-2.jpg

なして・・・あんたがそこにいるの・・・orz

P1130815-2.jpg

そういえば、コンクリートの電柱に張り付いてたのを見たこともありましたっけ・・・。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top