2013
06.30

ヒミツの原生花園 その2 

Category: 周辺自然観察
続きです。海の方へ来ました。
ハマエンドウ
P1120478-2.jpg

ハマナス
P1120492-2.jpg

まだ花が咲いていないけど、シロタエギク シロヨモギが日向に。おおきな株がたくさん並んでいました。

P1120479-2.jpg

さいごに、名前のわからなかった花。エゾイチゲかと思っていたのですが、該当する葉が見あたりません。ピンボケで恐縮ですが、わかる方がいらっしゃいましたら、どうぞ教えてください。

P1120497-2.jpg

海に目を転じると、これは・・・クロガモでしょうか?まだこんなグループがたくさんいました。こんなところでのんびりと・・・ひと気がないから安心ですが。

P1120483-2.jpg

オオジュリンの女の子もいました。

P1120500-2.jpg

こちらはオオジュリンの男の子かと思いましたが、まだ黒くなりきっていないノビタキかな??

P1120503-2.jpg

近くには女の子もいました。

P1120502-2.jpg

それにしても、なんてほそい草の上にとまっているのでしょう。どれだけ軽いのか、よくわかりました。


Comment:4  Trackback:0
2013
06.29

ヒミツの原生花園 その1

Category: 周辺自然観察
今しかない、というときがあります。今日がまさに「今でしょ?」ということで、相方を説得して出かけました。着いたところは、有名観光地ではありませんが、たくさんの花が咲いていました。まったく手入れされていないので、花が埋もれてますが・・・。

P1120457-2.jpg

エゾゼンテイカ
P1120465-2.jpg

ヒオウギアヤメ
P1120508-2.jpg

エゾキスゲ
P1120461-2.jpg

エゾキスゲとエゾゼンテイカはわかりにくいけど、やや小振りで色が薄いのがエゾキスゲ。ゼンテイカは早朝咲いて夕方しぼみ、エゾキスゲは夕方咲いて翌日午後にしぼむといいます。この時間は、ちょうどどちらも咲いている時間だったので、より華やかでした。

エゾフウロとエゾゼンテイカ
P1120466.jpg

道路沿いの日陰に群生していたエゾフウロ。伊吹山でみたフウロソウはピンクでしたが、こちらのは青いです。

P1120516-2.jpg

センダイハギ
P1120474-2.jpg

ウツボグサ
P1120472-2.jpg

この花も伊吹山で見ました。薬草です。もう少し海の方へ行ってみます。



Comment:0  Trackback:0
2013
06.28

林の心得

装備を怠るな。
ダニやハチ、ヘビを想定して、ナイロンヤッケ、ナイロンズボン、長靴、軍手。肌を露出してはいけない。
・・・とてもお見せできません・・・。

携帯電話は常に携帯。
ヘビにかまれた、野生動物に襲われたなど、いつも想定すべし。用途は、主に居場所の確認ですが。
例 「いまどこ?腹へったんだけど、昼飯早めに食べたいから帰ってこれない?」

P1120242-2.jpg

ウルシは小さなうちに排除すべし。
根っこが残っているとひこばえで何本も出てきます。

P1120399-2.jpg

足下に気をつけよ。
木の根っこが飛び出ていることがあるので転ばないように気をつけます。
または、思いがけないところに花が咲いているから。

ギンラン
P1120206-2.jpg

ベニバナイチヤクソウ
P1120401-2.jpg

刈りはらった木は北側に積む。
根元を北風から保護することになるそうです。

P1120404-2.jpg

晴れていれば、たいてい林に入ります。毎日発見があるから。
または、整理すべきものがいつもあるから・・・。

鳥たちが営巣し、木が葉を展開している今、山仕事はお休みになりました。働いていたときは撮れなかったので、今はカメラを持って(はさみやナタも一応持って・・・)時々ひっそりと林に入っています。


Comment:2  Trackback:0
2013
06.27

外に野鳥内に文鳥

Category: 生活
こちらへ来るとき、一緒につれてきた文鳥たち。長距離移動と環境の激変した家のなかで一ヶ月、ようやくかごの位置も決まり、放鳥してもじぶんで戻れるようになりました。こうなるとだいぶ落ち着いてきます。建築端材で、ワゴンを作ってもらいました。見かけはよくないけど、がっちりしています。

P1120216-2.jpg

窓のそばで、林からの野鳥のこえに耳を傾けるサノスケ。

P1120280-2.jpg

サノスケはここへきて、かつて一緒に暮らした白文鳥の「しろ」に、ついてまわるばかりだった文鳥を卒業して、自分で考えて行動するようになったような気がします。
ロロは気が強かったのに、サノスケを頼るようになりました。ケンカをふっかけるのはあいかわらずですが(笑)

P1120281-2.jpg

野鳥が好きなのに、かごの鳥を飼うの?と思われるかもしれませんが、野鳥と飼い鳥はオオカミとイヌ、トラとネコほど違います。彼らは鳥だけれど、野生に還ることはできません。サノスケとロロは、我が家の家族なのです。

P1120248-2.jpg

ある日、夜一人で留守番することがありました。夫さんがいれば、外が漆黒の闇でも外へ出て、満天の星を眺めたり、遠い町の灯を見たりするのですが、留守番のときは、やっぱり林の中に一人というのは心細く感じます。家から出て行くことは考えません。そんなとき、ちいさな文鳥でも、一緒にいてくれると心強いのですよ(笑)


Comment:2  Trackback:0
2013
06.26

モズはモズでも・・・

Category: 出逢った野鳥
ノビタキたちには毎日「ジャジャッ!!」と威嚇され、(すまんのぅ・・・)Yさん家の牛たちからはもう見飽きられながら、散歩を続けています。
本日のノビタキ母さん。・・・といっても、昨日夕方に出会ったのですが。ずぶ濡れになりながら威嚇しています。にわか雨のなか、巣の中のひなを守っていたのかな・・・などと想像。なぜか西原理恵子の「毎日かあさん」を思い出してしまった。・・・なぜ!??(←激しく一人ツッコミ)ノビタキはたくさんいるのですが、見飽きません。いつ見てもかわいいです。小さいのに凛としてるところが素敵です。

P1120335-2.jpg

同じ道でも出会うものは毎回ちがいます。今朝はこのかたです!

P1120423-2.jpg

アカモズさんです。はじめまして、でも、♂、♀の区別ができません・・・。

P1120431-2.jpg

こちらは別の場所にいた、モズでしょうか?アカモズではないように見えますが・・・。

P1120435-2.jpg

羽繕いしながらもあたりを睥睨(へいげい)しておりました。貫禄ですね。
すぐそばに、ノビタキやヒバリががんがん飛んでるのですけど、モズが怖くないのかな?それとも、ここには小鳥を襲うまでもなく、たくさん餌になるものがあるということでしょうか。


Comment:0  Trackback:0
2013
06.25

よそ者の考え休むに似たり

Category: 生活
ここ、十勝の某所で思ったことあれこれ。
その1馬鈴薯でんぷん
内地では片栗粉という商品名で少量売っているもの、それがここでは5K、10K単位です。料理にとろみをつけたり、唐揚げするくらいしか思いつかない私・・・。こんなに買ってどうするの??と聞いたら、「いも餅作るからだ」というのです。「茹でてつぶしたじゃがいもに、でんぷんを混ぜて丸めて、焼いて、醤油や甘辛醤油で食べるんだ。」おいしそう!・・・早速作ってみました。バターで焼いて、醤油で食べてみました。
おいしいっ!!いくらでもいけちゃう!すっかりハマって、しょっちゅう作っています。すぐにじゃがいもが無くなっちゃいます!かぼちゃでも同様に作るそうです。それも是非作ってみたい。

P1120422-2.jpg

その2北の魚たち
魚も大好きです。こちらはおいしい鰈(かれい)がたくさんあるのでとても嬉しい。宋八鰈の干物、おいしい!ほっけの干物も大きくておいしい。烏賊(いか)に蟹(かに)、ほっき貝、ほたて貝等々・・・。みんな大好き!ところが、まったく見なくなったのは鯵(あじ)です。(全国的な展開をしているスーパーならあるのかもしれませんが、まだ行ったことがないのでわかりません)生の鯵を一度だけ見ましたが、1匹なんと975円!!!どんだけ貴重なんだ鯵・・・。青魚は塩鯖(しおさば)や鰊(にしん)がありますが、私が大好きなのは、鯵の干物・・・禁断症状が出そうなこの頃です。

その3畑
林の仕事が一段落。夫さんは家づくりに取りかかっていますが、手伝えることはわずかです。私は家庭菜園の勉強でもしようかと・・・・。「畑?じゃ、まず耕耘機買わねばな!」といってくださった区長さん。いやいや~(汗)ここの人に、1メートル四方の菜園なんてありえない。まして、ベランダ菜園?何?それ。という世界にちがいない。超大型農業耕作機械に颯爽と乗って、地平線まで延々と畑を耕し、種をまいていくその姿は、小さな子でなくても思わず、かっこいい~!!と惚れ惚れ見てしまいます。(え?私が小さな子と同レベルという話は置いといて・・・)

ここで野菜を作るには必須のアイテムがあります。それはビニールハウス。ご近所の農園には、車庫くらい大きなのがあります。まだ最低気温が12℃という日もあるくらい。夏野菜には低い気温なので、フレームの中でないと大きくなりません。しかし、まだ開墾も済んでいない林の中なので、陽の当たる場所はわずか。土づくりもしてないので、いきなりおおきな畑というわけにはまいりません。畑土すらない状態なので、林に入り、柏の落ち葉をどけて掘り、腐葉土集め。木の根が張っているので、取るのに骨が折れます。あまり頂いても、木が困るし。

大きなホームセンターに行き「こう、四角いフレームにビニールの張ってある、簡易温室はありませんか?」と身振りで聞いてみると、地元の店員さんは「・・・四角?!そういうのは見たことない!!」・・・ハイ、撃沈。
ここではかまぼこ型の枠にビニールを張り、畝にかぶせるのがスタンダードな形。積雪のあるこちらでは強度的にも理にかなっています。まだぜんぜん北海道人、いや十勝人ではない私は、四角い簡易フレームなど、この地でなんの意味もないことを、思い知ったのです。
そこで、内地人の考えた、プランター的発想のビニールフレーム(とりあえず夏限定)。家の端材で、夫さんに作ってもらいました。

P1120356-2.jpg

約1m四方の枠の中に、なんとか土を集めて木灰、市販の堆肥を混ぜ、とりあえずミニトマト、きゅうり、ピーマン、紫蘇、バジルなど、簡単そうなのだけ植えてみました。笑われそうですが、今はこれが精一杯です。

P1120357-2.jpg


Comment:2  Trackback:0
2013
06.24

牧草刈り

Category: 出逢った野鳥
やっと太陽が現れたこの日、一番牧草の刈り取りが行われました。先週は曇り、霧、雨続きだったので、まさに「太陽さん」。朝早くに刈ったばかりの牧草地。夕方にはバキュームしてトラックで運んでいきました。あっというまにサッパリ。

P1120394-2.jpg

ここに飛んできたのはトビの若鳥です。ネズミなどを狙ってきたのでしょう。
P1120414-2.jpg

獲物は持っていないですね。残念。

P1120419-2.jpg

翌日も晴天。朝6時、今日も牧草刈りの音が聞こえています。いつもノビタキ夫婦のブーイングの中散歩しています(汗)ノビタキ母さんはとても勇敢。凛とした姿がかっこいいっす!

P1120449-2.jpg

父さんは「ジャッジャッ!」という威嚇の間に、思わず「ヒー♪」というかわいいさえずりをしてしまいます。それじゃだめじゃん(笑)

P1120440-2.jpg

ノビタキペアが2組・・・と思ったら、

P1120442-2.jpg

こちらはベニマシコでした。♀は目立たないので、今回も、ノビタキ♀と識別できず写真は撮れませんでした。

P1120444-2.jpg

ベニマシコは樹上に巣を作りますが、ノビタキは草むらのなかに巣を作ります。願わくば、巣があったなら、刈られてしまった牧草の中ではなく、畦の中であってほしいと願うよりありません。



Comment:0  Trackback:0
2013
06.23

アカゲラの林

かつてここはアカゲラの林だった・・・はずなのですが、今は少なくなってしまいました。朽ち木を整理したこともあるかもしれませんが、それにしても、「アカゲラ林」と名乗ってもいいのかどうか・・・(汗)
でも、今日はアカゲラにたっぷりと会えたので、幸せでした。

おっす!
P1120368-2.jpg

俺さまです
P1120369-2.jpg

横にもとまれるゼ
P1120374-2.jpg

P1120377-2.jpg

朝なので身だしなみなんだゼ
P1120370-2.jpg

適当にセリフつけちゃったけど、もし女の子だったらゴメン・・・。(後頭部がはっきり見えませんでした(泣)


Comment:0  Trackback:0
2013
06.21

傷ついた?キビタキ

Category: 出逢った野鳥
このところ、曇りの日が多く、薄ら寒い日が続いています。アカゲラ林は、町より気温が低いようです。
仕事の手を休めて、中札内にある「六花の森」を散策してみました。ハイシーズンは混み合うそうですが、オオバナノエンレイソウの花がおわってしまったところなので、人影はまばらです。自然の林の面影をそのままに、手入れされた場所に野花が咲いています。

P1120287-2.jpg

・・・というようなことを書くはずでしたが、思わぬところでキビタキを見つけ、花のことが吹っ飛んでしまいました。こんなところに?!

P1120305-2.jpg

展示室になっている建物の窓辺です。観光客が少ないので気がつく人はほとんどいなくて幸いでした。よく見ると目の上、血が出ているようにも見えます。ガラスにぶつかったのでしょうか。

P1120311-2.jpg

展示室の中から。くちをあけて呼吸しています。

P1120318-2.jpg

東南アジアからはるばる北海道までやってきたキビタキ。ここへきてアクシデントに遭ってしまうとは・・・。

P1120320-2.jpg

しばらく見ていましたが、人がきたのでその場を去りました。元気になってどこかほかのところへ飛んでいってくれたらいいのですが・・・・。六花の森に、電話で問い合わせをしてみました。たいへん丁寧な応対で、ガラスに鳥衝突防止の対策を考えてみます、とのことでした。

P1120316-2.jpg

ここは季節ごとにつぎつぎ花が咲いていくので、シーズンパスポート(1000円)を購入しました。花はまた今度、ご紹介できればと思います。

Comment:2  Trackback:0
2013
06.19

忙しかった日々

Category: 生活
3週間がたちました。
晴れていれば毎日一日中林の中で木を間伐し、枝を落とし、玉切して運び、割って薪にする・・・。へとへとなのに、なんだか夜はよく眠れませんでした。今思うと、あんなに働いていたのに不思議です。

P1120117-2.jpg

蕨(わらび)は、毎日毎日、採っても採っても出てくるので、食べきれないぶんは、塩漬けや天日に干して保存する方法を教えてもらいました。蕗(ふき)も、アク抜きして塩漬け。コゴミ(クサソテツ)はくるんとした葉を摘んで、そのまま茹でたり、天ぷらですぐに食べられます。採れる期間は限られているので、その間はつい毎日採ってしまうのです。
・・・などという日々も今は終わり。山菜は時期を過ぎ、木が勢いよく水を吸い上げ、伐る時期ではなくなったからです。山菜取りしてる最中は夢中なので写真は撮れず、蕨はもうこんなふうに葉が展開。

P1120148-2.jpg

コゴミもすっかり伸びてしまいました。こうなると硬いので食べられません。

P1120151-2.jpg

蕗だけは、まだいくらでもありますが・・・(笑)

P1120256-2.jpg

昔、山菜は、野菜のない冬に食べる保存食だったそうです。今は冬でも食べ物が豊富になって、保存する必要がなくなったのかもしれませんが、近所の人が山菜を採っているのを見ませんでした。この時期、一年で一番忙しい種まきが始まっているので、それどころではなかったのかな。畑はほんとうに忙しそうです。

P1120156-2.jpg

ノビタキの伸び~。野に住むものたちは、必要なときに、必要な分だけ。


Comment:0  Trackback:0
2013
06.15

夜明けの早い朝

Category: 出逢った野鳥
午前3時になると、あたりはもう明るくなり始めます。4時ごろにはもう明るく、晴れた日は目が覚めてしまいます。5時まで待って、外に出ました。お隣まで行ってみます。遠くにオオジシギのディスプレイが聞こえています。
Yさんの農場にいる牛も、朝ごはんを食べていました・・・

P1120150-2.jpg

 じぇじぇ?!! 後ろの牛たち、い、いっせいにこっちにくるぅ~(汗)

P1120154-2.jpg 

電気柵の手前でぴたっと止まってこっちを見ています。「写真撮れ」かな?ハイハイ。

P1120155-2.jpg

このあと後ろを向いてまた朝ごはんに戻っていきました。牛は好奇心が強くて賢いと聞いていましたが、びっくりした。
帰り道、ベニマシコに会いました。この鳥も北海道で繁殖するのですね。もちろん、はじめて見ました。こんなに赤いんだ。

P1120173.jpg 

フィフィ、ピッポ、などと聞こえます。「赤い鳥小鳥・・・赤い実を食べた」というけど、この実は赤くないですね。

P1120169-2.jpg

ベニマシコも草の種で朝ごはんだったようで、長いことそこにいてくれました。

P1120171-2.jpg

近くにカワラヒワかと思っていたら、どうやらベニマシコの♀だったみたいです。撮っていなくて残念。
釧路湿原で6月に見た、ヒオウギアヤメが、ここにも咲いていました。

P1120174-2.jpg

やっと朝6時です。家に帰ります。


Comment:5  Trackback:0
2013
06.13

コムクドリの巣

「キョロキョロ」「クエックエッ」などと、一日中にぎやかなのがコムクドリです。林の中に住みついています。♂は白塗りの顔。

P1120102-2.jpg

♀は地味な茶色をしています。柏のコブに巣穴があるのですが、お母さんは用心深く、すぐには入りません。まず手前の蔦にとまってキョロキョロ。

P1120187-2.jpg

木の後ろに回りこみ、そこでも警戒します。なかなか巣穴に入りません。
巣から顔を出しているように見えますが、まだ入り口の上です。

P1120191-2.jpg

コムクドリをはじめて見ましたが、北海道で繁殖する鳥だったのですね。林にはヒヨドリもいましたが、コムクドリ父さんに追い払われて、どこかに行ってしまいました。おかげでとても静かです(笑)

P1120110-2.jpg

ほかにもセンダイムシクイなど、いくつか巣があるようですが、近づかないようにしています。写真は柏の若葉にまぎれているセンダイムシクイです(汗)高いところにとまるので、首が痛くなります。


Comment:6  Trackback:0
2013
06.12

2度目の春

もうとうに桜も終わり、初夏の岐阜から北海道にやってきたら、峠はまだ凍りつくような寒さでしたし、到着した林の中はまだ春浅い空気が漂っていました。一ヶ月以上、季節が戻ったようです。おかげで、思いがけず2度目の桜に出会えました。
エゾヤマザクラ

P1120014-2.jpg

山桜にはいろいろな表情があり、単一なソメイヨシノより魅力を感じ始めていたので、こちらの人に伝えると、「イヤイヤ、やっぱりソメイヨシノ、きれいっしょう!」まだ、見慣れないものをよいと思ってしまう私たちなのでしょうか。
平地で桜と一緒に咲いていたのはエゾノコリンゴらしい。桜と一緒にお花見しました。これはアカゲラ林ですが、ほかのところより2週間くらい遅れて咲きました。

P1120183-2.jpg

道端にはオオバナエンレイソウ。中部地方では亜高山帯の湿地などで見られる花ですが、こちらでは農道の脇に群生しています。今はもう夏草が伸びてしまい、花はすっかり隠れてしまいました。

P1120019-2.jpg

P1120022-2.jpg

スズランとベニバナイチヤクソウは、同じところで、アカゲラ林のあちこちに咲いています。

P1120141-2.jpg

P1120142-2.jpg

林の整備中に、踏まないのが難しい・・・。道端にも群生しているのですが、毎年、近所総出で除草の日に刈り取られる運命です。それでも、毎年咲いているのですから、見かけに似合わず逞しい野草です。


Comment:0  Trackback:0
2013
06.09

はじめまして

 北海道は観光シーズンですが、ここは観光地ではないので、毎日が静かに過ぎていきます。
でも、今年は春の訪れが遅れ、周りの農場はたいへんな忙しさです。毎日、明け方から日没まで、種まきが続いています。・・・そういうところに、引っ越してきました。

家は、小さいですがセルフビルドです。土台は建設会社にお願いし、建物は近所の方に手伝ってもらって、壁を作り、屋根を張りました。あとは内装というところまで出来上がっています。夫さんと、2羽の文鳥と一緒に住んでいます。町までは約30k、お隣までは約800mです。

P1120113-2.jpg

ここへきて2週間が過ぎましたが、私が一番気になるのは、ここにはどんな鳥がいるのかということ。
私にとって北海道の夏といえば、ノビタキです。朝一番に会いに行きました。ここではペアに会いましたが、畑の中で営巣中らしいので、以後は近づいていません。

P1120086.jpg

女の子は陰に隠れてなかなか出てきてくれません。今思うととても警戒していたのですね。ゴメンナサイ・・・。

P1120078-2.jpg

そして、驚いたことに、林の中で最初に出会ったのは、・・・なんとコサメビタキでした!もちろん、初見、初撮りです。私のような初心者にはありえない幸運でした。

P1120099-2.jpg

ところが、この子は林に 住みついているらしく、毎日現れては、窓の外からこちらを覗うようになりました(汗)明け方、家の中から隠し撮り・・・・。

P1120069-2.jpg

2羽いたので、巣を作るのに安全かどうか確かめたかったのかもしれません。ようやく訪れた春真っ盛り、鳥たちは子育てのシーズンに突入していました。私たちは、そういう時期に住みついてしまったようなのです。

P1120100.jpg  

かつて、ここを訪れたときには、アカゲラがたくさんいて、ゴジュウカラもセンダイムシクイも手の届きそうなところにいました。ニュウナイスズメも柏の老木に巣を作っていました。私たちが絡みつく蔦を切り、下草を刈り、木を伐って、片隅に家を建てたことで、ここに住むものたちがどこかに追いやられたことでしょう。

お隣によく来ているというオオアカゲラくんが、うちにもやってきました。かつてはアカゲラの森であったこの地に、私たちも「巣」を持ちたいと思うのです。許してくれるかなぁ・・・?

Comment:2  Trackback:0
back-to-top