FC2ブログ
2020
08.12

原生花園での出会い

7月、西別岳に行った翌日、網走にある、わたしの大好きな北方民族博物館で行われた企画展に行きました。その帰りに、ワッカ原生花園へ。ここで、十勝湖沼群の原生花園とはちょっと違った花を見ることができました。(写真はiphoneです)

ずっと見たかった花があるのです。ヒミツの原生花園にもあるそうですが、まだ場所を見つけていないのです。

IMG_1672-6.jpeg

それは、ハマベンケイソウ。

IMG_1674-6.jpeg

瑠璃色の花がたくさんついています。なんて立派な株でしょう!原生花園の方に場所をお聞きして、出会うことができました。
ムシャリンドウも、初めてお目にかかりました。

IMG_1668-6.jpeg

エゾカワラナデシコは、あちこちにたくさんあって、このときが満開でした。
IMG_1667-6.jpeg

ハマヒルガオ

IMG_1675-6.jpeg

エゾナミキ

IMG_1676-6.jpeg

海の向こうに知床連山が見えていました。

IMG_1677-6.jpeg

短い間でしたが、夏の原生花園を満喫しました。
でもあまりゆっくりはしていられません。帰り道はまだ遠い・・・・。

追記
その後、地元の海岸で、流木とハマエンドウ、ハマムギなどの間にハマベンケイソウを見つけました。それはワッカ原生花園で見たものよりもずっと小さいものでした。

DSC_0976-6.jpeg

DSC_0980-6.jpeg


野鳥観察ランキング

Comment:6  Trackback:0
2020
08.11

山での出会い 植物編 その2

旭岳よりも前に登った西別岳で、7月に出会った花です。なぜかフル充電しておいたバッテリーのパワーがなくなっていて使えず、iphoneで撮影 しました。もう劣化してたのかな?
(↑今後気をつけるために書き残しております。)
夏真っ盛りではあるけれど、北国の短い夏。なぜか、わたしが予定していた登山の日は晴れることが多いのですが、暑さも半端ないことが多い・・・この日も汗だくでした。。゚(゚´Д`゚)゚。

IMG_1637-6.jpeg

チシマセンブリ? かつて海岸で出会ったもの より尖った花びらです。場所が違うだけで新鮮な出会いです。
こんなところにフキが?!山にもあるトウゲブキという種類らしい。フキといえば川のそばと思い込んでいたのでびっくり。あちこちに咲いていました。

IMG_1654-6.jpeg

岩場で。ガンコウランやコケモモは、もう実になっていました。

IMG_1642-6.jpeg

IMG_1651-6.jpeg

エゾチドリも一つ見つけました。

IMG_1653-6.jpeg

ナガボノワレモコウがたくさん・・・風に揺れるのを見ていると、秋を感じてしまう・・・。
(この後、猛暑を連れた、台風4号崩れの温帯低気圧がやってくることを、このときはまだ知らない)

IMG_1646-6.jpeg

もう少し早ければ、もっとたくさんの花に出会えたはずでしたが、夏の花はほとんどがもう終わっていました。
やはり、その時期に来ないとね〜 (*´~`*)


野鳥観察ランキング

Comment:0  Trackback:0
2020
08.10

山での出会い 植物編 その1

旭岳は次々に霧が上がって見通しが悪く、展望も望めないので、山頂へは行かずに姿見の池周辺のみの散策となりました。こちらも、チングルマやエゾノツガザクラなどの見ごろは終わっていましたが、雪渓の周りには、わずかに残っていました。

DSC_0889-6.jpeg

エゾコザクラも少し^^

DSC_0890-6.jpeg

でも、ほとんどのチングルマは、綿毛に・・・。

DSC_0894-6.jpeg

姿見の池周辺にたくさん咲くイワブクロも、もう花を散らしています。
夏の終わりを感じさせるものばかり・・・。

DSC_0906-6.jpeg

この日、あちこちで目についたのはミヤマリンドウでした。去年、富良野岳で出会って以来の再会ですが、相方もわたしも大好きな花なので、先々に咲いているのを見ては足を止めました。

DSC_0932-6.jpeg

DSC_0895-6.jpeg

エゾオヤマリンドウ も、1箇所だけ見つけました。ミヤマアキノキリンソウと。

DSC_0905-6.jpeg

見事な花の絨毯は見られませんでしたが、綿毛になったチングルマのなかに咲く花が、静かに存在を主張しているようでした。

DSC_0933-6.jpeg

ハイオトギリ、大雪山系固有の種もあるそうですが、これは・・?

DSC_0930-6.jpeg

今年も会えた、コマクサの女王様 (* ´ ▽ ` *)

DSC_0912-6.jpeg

メアカンキンバイ。霧の中でも、黄色い花に出会うと元気がもらえます。

DSC_0915-6.jpeg

姿見の池。旭岳は霧で見えません。

DSC_0914-6.jpeg

下山を始めたら、霧が黒い雲に変わってきました。この後、雨が降ったようです。

DSC_0937-6.jpeg

物足りないので、裾合平へ行けばよかった、と思いましたが、ロープウェー駅に来ると、裾合平でヒグマに出会ったという人が。今日はもう、2回出たそうです。ニアミスだったという、単独登山の女性もいました。・・・行かなくてよかったみたい・・・(;゜0゜)


2019年の富良野岳の花は こちら
2018年の黒岳の花は こちら 
2017年の旭岳の花は こちら


野鳥観察ランキング


Comment:2  Trackback:0
2020
08.07

山での出会い 動物編

春からずっと物置小屋の製作や、畑にかかりきりだったので、遅くなったけれど、今年も山に行きました。旭岳山頂へ行くため、展望台で、霧の晴れるのを待っていると・・・ひょっこり(*´∀`人 ♪
これまで何度か出会いはあったけれど、写真を撮らせてもらえなかった、エゾシマリス。
(距離感を感じてもらうために、ノートリミングのままです)

DSC_0916-6.jpeg

DSC_0917-6.jpeg

サービス満点!くるりと回って見せてくれました。

DSC_0919-6.jpeg

背中にはに5本の線があるんだね。ふむふむ。

DSC_0920-6.jpeg

愛想よしのエゾシマリスさん、ありがとう〜(^∇^)ノ

DSC_0922-6.jpeg

DSC_0923-6.jpeg

でも、こんなに近くにやってくるということは、この子はおそらく食べ物をもらったことがあるのでしょうね。ロープウェイがあるので、ここまでは登山者だけでなく、たくさんの観光客も訪れます。
 
くれぐれも、野生動物に食べ物を与えないでください。

と、文字を大にして訴えておきます。
エゾシマリスさんは、何ももらえないとわかると、さっさと遠くへ行きました。これでいいのだ。(岩の上にちょこんと座っています)

DSC_0926-6.jpeg

出会いはうれしかったけれど、ちょっと複雑な気持ちです。


野鳥観察ランキング

Comment:2  Trackback:0
2020
05.07

去年の桜旅 番外編

去年の桜旅の帰り道です。
八雲町の山の中では、季節が少しだけ戻って、早春の花たちと出会いました。

DSC_0381-6.jpg

なんて立派なカタクリ!!Σ(゚□゚*) うちの林にあるカタクリの、倍以上はある。

DSC_0385-6.jpg

一緒に見ていた東京の方が、「青森で見たときにも大きくてびっくりしたけど、ここのはもっと大きい」と驚いていたから、本当に大きいらしい。

DSC_0383-6.jpg

エゾエンゴサク もこんなにたくさん。大好きな花が・・・夢のようです。

DSC_4708-6.jpg

エゾエンゴサク も、大きくて立派です。

DSC_4719-6.jpg

青花ばかりでなく、ピンクがかったものも混じって咲いていました。

DSC_4709-6.jpg

電線では、ヤマガラがお食事中でした。林には来ない鳥なので、会えて嬉しい^^

DSC_4694-6.jpg

この辺りには普通にいるのかしら??

ごちそうさま〜
DSC_4696-6.jpg

いちばん嬉しかったのは、声を聞いてじ〜〜っと待っていたら、一瞬、ヤブサメの姿を見ることができたこと ヽ(´∀`)ノ

DSC_4711-6.jpg

・・・やっぱり花より小鳥になってしまう^^;


野鳥観察ランキング

Comment:2  Trackback:0
back-to-top