2018
02.07

大雪の食堂

数年ぶりの寒波で、日本海側は大雪で大変なことになっていますね。雪下ろしなどで事故がないよう祈ります。
アカゲラ林でもしんしんと雪が降って、ずいぶん積もってきました。何日か続けて降ることはあまりないのですが、今年は多いようです。

DSC_0419-3_201802061733352f6.jpg

今日も真冬日、明日も真冬日・・・こういう日は脂が人気です^^

DSC_6438-3.jpg

DSC_6430-3.jpg

雪の日は、特別にナッツを提供します。くるみを砕いたものを、カラ専用の小さなフィーダーにセットすると、早速シジュウカラがやって来ました。

DSC_6436-3.jpg

この子は、食べ終わっても中でじ〜っと、雪の降る様子眺めていました。
おっとりちゃんのシジュウカラが1羽いるので、きっと彼女に違いありません。

DSC_6457-3.jpg

そこにやって来たのはヒヨドリ。
ぶら下がるフィーダーは苦手のはずなのですが、何度もアタックして・・・

DSC_6447-3.jpg


DSC_6449-3.jpg

とうとうこんなに狭いところに入り込んでしまいました!
しかも、2羽!並んで食べています^^;仲いいんだけどね。

DSC_6460-3_2018020617082796b.jpg

よほど窮屈だったのかな、食べ終わるとのびのびしてました。

DSC_6446-3.jpg

これまであまり他の鳥を追い払ったりしなかったけれど、くるみを見てからは目の色変えてやって来ます。仕方ないのでヒヨドリの食堂を隔離しました。

DSC_6424-3_2018020617082410b.jpg

それでも時々やって来て、アクロバットを繰り返しています・・・( ´_`)
雪の日のくるみは、ヒヨドリを狂わせちゃったのかも。



Comment:4  Trackback:0
2018
01.13

大雪の冬

寒波のため、本州の日本海側が大変なことになっているようです。センター試験の日って、私も3人の子供全部雪だった気が・・・^^;困りますね。
十勝はどかっと降る日と、晴天が、交互にやってきます。
雪の日も、林のメンバーたちは元気に食堂に来ていました。

DSC_5937-3.jpg

DSC_5933-3.jpg

DSC_5925-3.jpg

DSC_5940-3_20180113092336730.jpg

晴れると、しばらく雪の塊が木にくっついています。サンナシの実はすっかり乾いていますが、ナナカマドのように落ちないので、まだたくさん残っています。食べにくそうなヒヨドリ。

DSC_5749-3.jpg

ハシブトガラもシジュウカラも

僕より大きい・・・
DSC_5759-3.jpg

これ・・・邪魔なのよね
DSC_5764-3.jpg

・・・そのうち落ちますから。

ゴジュウカラは、今年も、もう巣穴に出入りしています。営巣の準備なのか、それとも雪の降る間、避難するのに使っていたのかもしれません。アカゲラも、時々ペアで行動しているのを見ますから、繁殖行動なのかなぁ?
今シーズンは、まだシメを見ていません。シマエナガもたまに通過していきますが、なかなか見ることかないません。ミヤマカケスは雪が深くなったら見なくなりました。カシワの実を出してあるのですが・・・。

DSC_5909-3.jpg

雪がやんで晴れると、気温がぐっと下がります。今日も真冬日。
遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


Comment:4  Trackback:0
2017
12.22

冬の食堂開店 2017

今年は根雪が12月に入ってから。私がこちらに来て一番遅い根雪でした。(平年を示すものではありません)開店は10月の終わりでしたが、食堂は、やはり雪に覆われてからの方が賑やかです。
朝から入れ替わり立ち替わりやってくるシジュウカラ。何羽いるのかわかりませんが、そんなに多くはないはずです。カシワの葉から小さな虫を捕りました。

DSC_5118-3.jpg

DSC_5145-3.jpg

ハシブトガラ、2羽くらいかな。

DSC_5136-3.jpg

ゴジュウカラも元気です。こちらも2羽いる模様。寒くなると脂が人気です。

DSC_5253-3.jpg

アカゲラはオスメス両方来ています。去年と同じなのか、違う個体なのかは不明です。オスが去年見たものより大きくなった気がします。去年よりも用心深くて、外にいると近づいてくれません。もう追いかけっこをしている姿も見ました。

DSC_5108-3.jpg

ヒヨドリも去年と同じく2羽。柔らかくなった柿を出すと、食べていきます。

DSC_5132-3.jpg


今年はミヤマカケスが2羽、ときどきやって来ます。去年は台風でカシワの実が落ちてしまい、凶作でした。そのためか、シーズン通して1羽も来なかったのです。
今年の子たちは去年よりも用心深いのが多く、入れ替わってしまったのかなと思うことも。
ゴジュウカラだけは、多分新参でも物怖じしてない(笑)
今秋は、去年のようにアカゲラ林でシマエナガを見ませんでした。
常連にはなってくれなかった・・・orz



Comment:0  Trackback:0
2017
10.24

冬の食堂開店 2017

季節外れの超大型台風21号は、各地に被害をもたらしました。北海道に到達したときは海寄りのコースを進み、各地に早すぎる雪を降らせました。アカゲラ林もうっすらと初積雪。

DSC_0372-3.jpg

まだこれから木を伐ったり、笹刈りも残ってるので、溶けてくれないと困るけど・・・。

DSC_0374-3_20171024115725a59.jpg

林のメンバーたちは元気です。今はゴジュウカラも、ハシブトガラも、キツツキ顔負けに木の間から虫を探すので、コンコンと突く音がしています。

DSC_4831-3.jpg

DSC_4857-3.jpg

アカゲラも。ゆっくり会うのは久しぶりです^^

DSC_4852-3.jpg

男の子だ。去年と同じ子かなぁ。
一年ぶりに、カケスもいました。去年は台風でどんぐりが青いまま落ちてしまい、不作でした。今年も多くはないけど、実っています。
ひまわりの種フィーダー、

DSC_0384-3.jpg

脂身フィーダーもセットしました。ゴジュウカラは目ざとくやってきますが、アカゲラはまだ気づいていません。

DSC_0381-3.jpg

さあ、私もこれから半年間の冬に備えて、瓶詰めを作ったり、野菜を囲ったりしないと・・・。みんな一緒に、無事冬を越せるといいな。


Comment:6  Trackback:0
2017
09.03

事もなし

お盆をすぎてからも曇りの多い日でしたが、9月からは晴天が続くようです。台風も今年は外れてくれました。
農道には夏の花と秋の花が一緒に咲いています。オミナエシやツリガネニンジン、ツリフネソウ。エゾトリカブトに、コオニユリ。

DSC_0299-3.jpg

DSC_0306-3_20170903211930481.jpg

エゾノコンギクが咲くともう秋です。邯鄲(カンタン)のもの悲しい音も聞こえています。

8月、お盆過ぎのアカゲラ林の様子から・・・。

まだコサメビタキがいました。親の方かな。
今年のナナカマドの実は、数は少ないですが、大きいようです。

DSC_4711-3.jpg

ハシブトガラが帰って来ると、林が賑やかになります。幼鳥が近くに来ました。

DSC_4606-3.jpg

10羽ほどの、幼鳥と親のグループでした。シジュウカラの幼鳥も混じっていました。もう混群を作っているのですね。
親たちは水皿での水浴びがお気に入りらしい。位置を変えたせいか、今年のバードバスではあまり鳥を見かけませんでした。

DSC_4715-3.jpg

モズも時々林に入って来ます。林の周りでも、モズはあちこちで見かけます。雨上がりに鳴いていましたが、高鳴きではなく、警戒音だったみたいです^^;さすがにまだ早かった。

DSC_4695-3.jpg

ゴジュウカラはここにいますが、あれからアカゲラをあまり見ていません・・・。夏は林がコムクドリに占領されるので、気の弱いアカゲラはどうしても他で巣を持たなければなりません。秋になれば帰ってくるでしょうか。

今年のジャガイモは、順調に収穫しています。去年が大変だったので、農家さんの喜びもひとしおです。これから9月いっぱい、収穫と、選別が続きます^^


Comment:4  Trackback:0
back-to-top