2016
09.17

卵を産まないで(;人;) 

Category: 文鳥
すっかりご無沙汰しております。ただいま、まだまだジャガイモ収穫の真っ最中。9月いっぱいかかりそうです。今日はお休みをもらったので、更新しています。
野鳥ではないですけど・・・。

文鳥のロロさんは、えさ入れを巣にみたてて、すぐに卵を温める妄想モードに入ってしまいます。シチとラブラブなのはいいけれど、ほんとに卵を産んでしまうとからだの小さいロロに負担が掛かるので、困るのです。

DSC_0322-3.jpg

狭くてもいいのよッ!!
DSC_0301-3.jpg

この状態を見かねた長女が「どうせ入るならもっとゆったりしたえさ入れを置いてやればいいじゃない」と、ふちが丸くなって、浅く広いタイプのえさ入れにボレー粉を入れていきました。見慣れないので2日くらい近づかなかったのですが・・・
あっというまにこのとおり。

DSC_0325-3.jpg

スケルトンなので丸見えですね。しかも何日かすると・・・

DSC_0326-3.jpg

卵(無精卵)が!!!

DSC_0415-3.jpg

・・・だからもう、えさ入れが「快適な巣」になっちゃうと、卵産んでしまうんだから!!
ダメダメ~!!ヽ((◎д◎ ))
すぐに取り上げるとまた産んでしまうので、擬卵に替えてもう少し置きます。
ところが今回、なんとシチが?!

DSC_0412-3.jpg

ロロと交代して温め?ています。いや~、こんな事初めてです。

DSC_0417-3.jpg

ちょっと感動・・・まてよ?
今までのは小さすぎて、シチには入れなかっただけなのでは・・・^^; 
いやいや、感動してる場合じゃない!!
長女は余計なことをしてくれましたけど、本音をいうと、たまらなく かわいいです。
転卵までして、かいがいしく卵(擬卵だけど)の世話をしています。
3日後に擬卵も取り除き、もとのえさ入れに体力回復のための餌を入れました。
その後、こころなしか、シチとの仲がよくなったような気がします。これからは、巣にこもりそうになったら、はじめから擬卵を入れたらいいのかな・・・。

DSC_0419-3.jpg

からだの小さい、もう高齢のロロが卵を生んでしまうことは、絶対に避けたいのですが、仲良くなるほど卵を産んでしまいそうなので、なかなか思い通りにはゆかないです・・・orz


Comment:2  Trackback:0
2016
08.08

シチとの1年

Category: 文鳥
シチがやってきて、1年が過ぎました。(・・・一ヶ月遅れですが^^;)
時々けんかもしますが、おおむね仲良く同居しています。

DSC_0228-3.jpg

・・・やっぱりシチのほうが気を遣ってるかも・・・^^;
シチ、ありがとう、あんたは偉いよ!オトコはつらいよ・・・。

DSC_0270-3.jpg

ロロはシチとの愛の巣?(ただのボレー粉入れ)に夢中です。卵はないんだけど。

DSC_0218-3.jpg

シチより巣のほうが大事なくらい??居座ってます。
これではシチがカルシウムの補給に不自由するので、もうひとつ、ロロが入れない小さいのを入れてあります。

DSC_0644-3.jpg

ウチのペアはなぜか2回とも♀が女王様タイプでした。
ゴマ吉もシチも、優しいオットばかりです。

DSC_0300-3.jpg

ロロは手乗り崩れで呼んでも来ないし、シチは荒鳥なので、放鳥するとフタリで勝手に飛び回っています。行くところも決まっているし・・・(これから改装予定なのでまだ未完成のレンジフード上)

DSC_0294-3.jpg

そっと見守っていれば自分たちでかごに帰ります。ロロは初代白文鳥「しろ」のようにカメラが好きで近寄ってくることもなく

DSC_0290-3.jpg

テーブルの上に来ることもめったにありません。

DSC_0291-3.jpg

シチは私に近づいてもくれません・・・orz フラッシュも苦手だし。
「ロロはもっと手に載せないと手乗りじゃなくなっちゃうよ」と長女は言いますが、シチと一緒だと難しい。それに、じっくり慣らすことのできる安全な場所と条件が、この家にはありません。

DSC_0296-3.jpg

文鳥との距離ができてしまい、ブログになるような交流もなくなってしまいましたが、家族の一員であることに変わりなく、管理人が、毎日世話させていただく世話人であることにも変わりありません。「豆苗がない!!」となれば、雪の積もる(さすがに降ってるときは行かないけど)真冬でも、13キロ離れた町まで出て買いに行く下僕(しもべ)なのです・・・
あ、なんか哀しくなってきた・・・ orz 今日からは長女の文鳥たちがやってくるのでますますお世話が増える・・・。


Comment:2  Trackback:0
2016
04.29

GW まさかの・・・

Category: 文鳥
朝起きたら積雪約10センチ。昨夜から降り始めて、まだ雪の状態で降り続いていましたが、昼ちかくなって雨にかわりました。ようやく、カタクリの花が咲き始めたところだったのに。

IMG_0204-3.jpg

昨日まで、アカゲラ林はベニバナイチヤクソウとスズランが咲く場所の、落ち葉を取り除く
作業をしていました。昨年ササを刈ったら、たくさん増えたように思います。

before
DSC_0308-3.jpg

after
DSC_0306-3.jpg

ベニバナイチヤクソウが増えたのは嬉しいけど、そのために落ち葉を集める範囲も拡大 orz まだこんなに残ってるなぁ・・・なんて思っていた矢先、

DSC_0309-3.jpg

after の after が、まさかのこれです・・・^^;

DSC_0314-3.jpg

こちらのひとから「GWすぎるまでスノータイヤを替えない」という話を聞いていたので、
まだ替えていなかったのが幸いしました。
長女が引っ越しのためこちらに来たのですが、今日は荷物を受け取るために、雪の降るなか、
「マジか?!」といいながら札幌へ出かけていきました。・・・お留守番を置いて行かれた。

DSC_0311-3.jpg

長女の文鳥たちです。ロロも同じ時期、長女に育ててもらったというのに、3羽はものすごく仲が悪い。早速ケンカを売りに行くロロさん。ジジ・ププは、この写真では仲良さそうに見えるけど、じつはきゃるきゃるケンカばかりするので すごくうるさい。 でも長女に言わせれば「これが通常」・・・そうなの!?ロロもたまにシチを突き回すとがあるけれど、これでもましなペアだったのだと知りました。

DSC_0312-3.jpg

ケンカに巻き込まれないよう、ジジ・ププのかごには近づかないシチ。あんたは賢い。
長女は荷物を受け取ったらまた戻ってきて、GWの休みいっぱい泊まっていくとか。
ええ~?!休みのうちに荷ときするんじゃないのかい?!「こっちで父さんと仕事机を作るから。それを運ぶとき、一緒に札幌行こうよ。」だって。ヽ(゚Д゚)ノ ・・・こちらもまさかのGWでした。


Comment:6  Trackback:0
2016
02.09

シチとの7ヶ月

Category: 文鳥
ロロとシチ、年が明けても相変わらず別かご暮らしのままでした。たまに一緒にすると、ロロがすぐに怒りだしてシチを攻撃するので、すぐまた別々に・・・orz・・・そんなことを繰り返していた1月、ロロはなぜかレンジフードの上を巣と決めてしまってかごに戻らなくなってしまいました。

DSC_0396-3.jpg

これでは困るので、一計を案じました。かごにつぼ巣を入れて、こちらが巣と思わせる作戦です。これ以上卵を生まないように、擬卵といって、作り物の卵を4つ入れておきました。・・・浅知恵だったのですね、これが・・・orz

まさかと思っていたら・・・ 卵が増えてる!!! \(◎o◎)/

DSC_0394-2.jpg

擬卵を入れておけばもう産まないと思ったのですが、巣をいれたばかりに、さらに卵を生ませてしまったとは・・・。卵を産むことは、寿命を縮めることになるので、重大な過失です。即刻巣を取り除き、栄養をつけてもらいました。今後も注意しなくては。
突然怒り出すロロに戸惑いながらも、シチが根気よく、ロロにやさしくしてくれるおかげで、フタリの関係が少しずつ変わってきました。

DSC_0005-2.jpg

そして、2月に入り、なんとかいっしょのかごで暮らせるようになりました。
相変わらずちいさなケンカは絶えませんが、こちらもがまんして、同居を続けました。ただし、えさ入れも青菜もふたつずつ(笑)「ケンカのきっかけは、シチがえさ入れにくるとロロが怒るから」と、相方が冷静に観察していてくれたおかげです。

DSC_0200-2.jpg

シチとの7ヶ月が、ようやく終わろうとしています。

DSC_0030-2.jpg

・・・長かったよ・・・┐(´д`)┌


Comment:4  Trackback:0
2015
10.27

同居の練習 ロロとシチその後

Category: 文鳥
トンネル作戦1ヶ月、お互いの動きもシンクロしてきて、そろそろと思い同居させてみました。ケンカにもならず、うまくいったと思い安心していたら、3日目に破局が訪れてしまいました。ロロが猛然とシチを追い回し、攻撃がとまらなくなってしまったのです orz
残念ながらここで断念。もうストーブが稼働しているので、この狭い家の、どこにふたつもの文鳥かごをレイアウトすればよいのやら・・・??困り果てましたが、一瞬のひらめきで、なんとか配置換えを終え、いまはふたつのかごを並べて置いています。

DSC_0160-2.jpg

シチは放鳥してもパニックにはならず、落ち着いて自分のかごに帰ってくるようになりました。なんて賢い文鳥だったの!(←世話人がアホなことばかりしてただけ)

DSC_0103-2.jpg

あれ?入り口がない!・・・まぁ、まだたまにこんなことも・・・

DSC_0110-2.jpg

隣同士なのでかごを間違えちゃったシチ。ロロが帰れなくて困っています。
・・・なんてこともありますが・・・^^;

DSC_0104-2.jpg

別かごになっても、シチがさえずればロロがすっとんで隣に行き、シチもロロかごにくっついてとまっています。シチが青菜を食べれば、となりのかごからロロも食べようとします(ムリだって!)でも、目が合うと?「きゃるるる!!」と怒った声を出します。

その後もさらに短時間同居練習を重ねて4ヶ月め、シチはロロにとても紳士的に接してくれるようになりました。そのかいあってか、シチがロロに青菜を食べさせたり、羽繕いしてやったりを、たまにロロが受け入れることもできてきました。
一瞬だけのスクープ?!をフライデーしてみました。

DSC_0161-2 (1)

でも、すぐにロロがケンカを仕掛けてしまって、長続きしないんですよね・・・。

DSC_0164-2 (1)

私が忙しくて長時間見守ってやれないため、外仕事するときは、ロロをもとのかごに戻さなくてはなりませんが、いつかは同居、の希望を捨てずに、これからも少しずつ同居の時間を作っていこうと思います。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top