FC2ブログ
2018
09.06

北海道胆振東部地震

Category: 生活
あともう少しで夜明けという時間、それはいきなりやってきました。いよいよ十勝沖地震か?!と思いましたが、ラジオをつけると震源地は胆振管内とのこと。こちらの震度は4。文鳥かごは倒れていませんでしたが、ロロさんがてんかん発作を起こして金網にしがみついて固まっていたので、そっと剥がしてカゴの中においてやりました。私もしばらく体が緊張して眠れませんでした。

今回は電気が使えなかったけれど、水とガスが使えました。幸い、36時間後には停電が復旧したので、うちの冷蔵庫の食べ物も、ほぼ無事でした。町から外れた郡部に住んでいるので、日用品は基本買い置き。肉や魚は常に冷凍庫に蓄えています。夏なので畑に野菜があったこともありがたかった。

今回は、食べるには困らなかったけれど、停電時は、仕事で汗だく、泥だらけなのにお風呂がわかせないし、洗濯機も使えません。沸かした湯でぬるま湯を作ってなんとか体を洗い、プチ洗濯をしました。一昨年の台風で十勝が被害を受けた時は、断水が1週間続きましたが、その時もジャガイモの収穫中でした^^;(断水していない隣町の温泉施設で入浴ができました。)停電と断水、どちらか一つでも困ったのに、同時に使えない震源近くはどれほど大変なことか・・・。

スマホは予備バッテリーで充電できましたが、この時は停電が1週間続くと聞いていたので、機内モードにして節電しました。心配してメールをくれる友達にも、バッテリー残量が不安で返信できません。通信そのものも、その後不安定になり、家族との連絡も取りにくくなりました。停電がいつまで続くかわからなかった最初の夜が、一番不安な夜でした。

仕事に行くと、町から働きに来る人が町の様子を知らせてくれました。小さな町ですが、当日、翌日はスーパー、コンビニ、ガソリンスタンドに、長い列を作っていたそうです。カセットガスボンベ、乾電池、懐中電灯、消耗品などはすぐに品切れになり、冷蔵・冷凍保存ができなくなった食品は売らず、カップ麺やパン、ペットボトル飲料など保存できる食品だけを販売していたそうです。クレジットカードや電子マネーは使えないから、どの店も現金がないと買い物ができませんが、ATMは稼働していません。

停電が終わり、初めてテレビのニュースを見たとき、震度7の被害の大きさと、全道がブラックアウトしていたという映像を見て、衝撃を受けました。被害を知らせる新聞も翌日には届いていたのですが、映像のインパクトの方が大きくて、ショックでした。日に日に震源地近くの被害の全容が明らかになり、亡くなった方の数も増え続けました。ライフラインも復旧していません。まだ大きな余震もあります。震源に近い人たちは、どんなに心細い、不安な思いをされていることか・・・。本当に、人ごとではなくなった。

札幌の被害が大きいことにも驚きました。道路が液状化した住宅地、傾いた住宅、陥没した道路・・・岐阜の友人たちが心配してくれた気持ちがわかりました。これを見せられたら、私も長女のいる場所がこの状態かと、つい思ってしまう。家族に頼まれたと言って、傾いた自宅から家財道具をトラックに積み込む、親切を装う泥棒も現れました。長女の近くの道路には、幸い亀裂も陥没もなく、普段の生活圏へはクルマで移動できるとのこと。スーパーは行列しても満足に物が買えないという報道でしたが、長女は、こちらに来るつもりでガソリンは満タンにしてあったし、食料も、レトルトや保存食はあり、冷蔵庫に残してあった野菜や、冷凍庫のものは無事なので、スーパーに行かなくてもあと1週間くらいは大丈夫とのこと。東京で東日本大震災にも遭っている長女、冷静でした。・・・とはいえ、文鳥の餌だけは、ホームセンターに並んで買ってきたそうです。

この夏は災害続きの日本列島で、水害や台風21号で被災した人たちのニュースが途切れることがありませんでした。北海道でも前日は台風21号の影響がありました。その翌日、北海道に震度7の地震です。災害はまさかの場所、まさかの時にやって来ることを、私も身をもって知ることになりました。
私は家があるし、家族も無事です。何も失ってはいません。ありがたいことに・・・。今はただ、亡くなられた方へのご冥福をお祈りし、今後2度と大きな余震が来ないことを祈るばかりです。

この記事は、個人的に記録として残しました。日付は地震の日。


  Trackback:0
2016
09.07

ジャガイモ収穫はじまる 2016

Category: 生活
今年もジャガイモの植え付けと収穫に呼ばれていますが、毎年のことなので去年は記事にしませんでした。でも、今年は書いておこうと思いました。

大きな被害をもたらした7号、9号、10号、11号、今回道北に大雨をもたらした12号。相次ぐ川の決壊で、町や村が浸水する空前の被害。道路や鉄道が寸断され、まだ断水や停電の地帯がたくさんあります。
畑や牧場も、水に浸ったり、流木が流れ込んだり、川の流れにえぐり取られたりした場所を見ました・・・。唖然とするばかりで、ことばもないです。
北見のたまねぎ、南富良野や十勝のニンジン、ジャガイモやビート、スイートコーンなど、ニュースで何度も壊滅した畑を見せられました。たしかに全体の収量は激減、打撃を受けましたが、それでもまだ収穫できる畑はたくさんあります。
今、農場は収穫に追われ、必死に頑張っています!!

私の呼ばれるジャガイモ畑は種芋なので、生食はできませんが、来年の収穫をもたらす種になります。今年はシカの食害が多かったうえ、台風の雨が一部のジャガイモを押し流してしまいました。農家さんは、収量の少なさにがっかりしつつも「収穫ができるだけましと思わなきゃ!」。ただでさえ日照が極端に少なく、雨ばかりの夏なのに、3つの台風がさらに大雨をもたらしました。これから13号も来ようとしています。
どうかこれ以上、被害が出ませんように・・・( ̄人 ̄)
今年のTOP-1(ハーベスタ)。降り続く小雨の中、泥んこに足を取られながらも、毎日頑張っています。

DSC_0424-3.jpg

まだまだ、収穫を待っている畑があります。今年の畑は17町(東京ドームの面積の、約3.6倍。それでも最盛期の半分の面積だそうです)。

DSC_0425-3.jpg

行くぞ~畑!!

DSC_0423-3.jpg

・・・畑・・・畑の・・・向こうにク・・・↓↓クマがいるって~!!!

DSC_0426-3.jpg

・・・クマの毛皮でした。いや~、マジ驚きました。今年はシカの被害が多いので、クマ漁師さんから皮をもらって、畑のあちこちに立てたのだそうです。

DSC_0421-3.jpg

でも、台風の雨でクマの臭いが取れてしまい、シカへの脅しにならなかったとか。
「いや~、シカより効いたな」って、みんなに笑われましたけど、でも、これって、遠目にはホントにクマが立ってるように見えますよね?! ねっ? (←シカ以下だったヒト)


Comment:6  Trackback:0
2015
11.08

夕暮れの風景

Category: 生活
これまであまり出かけるけることがなかった夕暮れ時に、次女と十勝湖沼群に行ってみました。まだ渡り鳥も少ないです。ヨシガモやクロガモ、バンなどがちらほら。

DSC_2112-2.jpg

いよいよ夕暮れ時。

DSC_0203-3.jpg

日没直後。

DSC_0205-2.jpg

娘が遠出はしないといったので近場に連れて行きましたが、時間帯が違うだけで、私も見たことがない風景を見ることができました。
彼女が東京へ戻ったらすぐ雪が降りました。アカゲラ林の初雪です。そういえば、彼女がこちらにいたときはずっと好天だったな。でも、べつに晴れ女ではないとのこと。

DSC_0210-2 (1)

バードテーブル、まにあわなかったなぁ・・・。

早く作れよ!!
DSC_2075-2.jpg

・・・すまぬ~!!
ツグミがやってきました。

DSC_2059-2.jpg

もっと南へ行く途中でしょうか。
去年は1羽だけが、いちどだけ、バードテーブルに来ましたっけ。
今年の越冬組は・・・ま、いつものメンバーだと思いますが (´・ω・`)


Comment:2  Trackback:0
2015
10.25

秋の仕事

Category: 生活
アカゲラ林も錦の秋となりました。

DSC_0169-2.jpg

去年の10月はまだ農作業が終わっておらず、11月はじゃがいもの選別に追われ、12月はまさかの大雪で林の作業ができませんでした。今年こそはと、毎日毎日、倒木や枝を片付け、電動刈り払い機と山刈鎌で笹を刈り続け、ようやく林の中を片付けることができました。

DSC_0173-2.jpg

ワラビのとれる場所も刈りとり終了。一番右のミズナラが、ハシブトガラが毎年営巣していた木です。

DSC_0168-2.jpg

ササ刈りをしていると、オオタカ?らしい猛禽のお食事あとをみつけました。この林をレストランと決めたようで、あちこち4箇所めです。メニューはキジバトばかりのようです。

DSC_0174-2.jpg

紅葉狩りには行けなかったので、林のなかの紅葉で我慢しました。紅葉とツルウメモドキ。

DSC_1545-2.jpg

今日は札幌が初雪でした。日本海、オホーツク方面は荒れ模様。いよいよ、長い冬がやってきます。十勝は晴れましたが、午後雪が舞いました。林は日に日に色を失い、いつのまにか冬景色になっていました。


Comment:0  Trackback:0
2015
10.03

実りの秋に

Category: 生活
台風21号のなれの果てがとんでもない暴風を持ってきました。収穫の秋に招かれざる客ですが、朝、虹を連れてきました。

DSC_0078-2.jpg

晴れていても外には出られないので、家の中でひたすら溜まった仕事を片付けました。
畑やご近所からいただいた秋の実りを無駄にしないための作業です。

DSC_0080-2.jpg

このあたりのひとたちは、巨大な冷凍庫を持っていて、いろいろなものを冷凍して保存しています。うちには通常サイズの冷凍冷蔵庫しかないので、今年は常温で置ける保存食を作ってみました。

DSC_0079-2.jpg

畑や頂き物のミニトマトのピクルス、産直市場で買ったすもものコンポート、7月に摘んで冷凍しておいたハスカップのジャム、娘が父さんと穫ってきた山ぶどうのジャム、お隣の木に実った、ほぼ野生のリンゴから作ったプリザーブ。
逆さにしてあるのは、作りたて。熱湯消毒した瓶に煮えたばかりの中身を詰めて、逆さにして冷まします。
まだとうもろこしの加工が残っているけど、これでようやく一段落した!・・・と思ったら、夕方、ご近所から頂いたものは・・・

DSC_0081-2.jpg

段ボールいっぱいのナラタケ orz 
・・・いや、おいしいんですよ、貴重な秋の贈り物なんですよ!!・・・これからまた瓶詰めを作ります・・・。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top