2017
06.04

今年も出たよ!キタキツネのこっこ( ´ ▽ ` )

Category: 周辺自然観察
続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2017
02.18

アトリじゃなかった・・・

Category: 周辺自然観察
14日のブログコメントで、「アトリとマヒワの群れを見た」と言ってるのですが、間違いだったので訂正します。

DSC_0997-3.jpg

昨日やっと撮った証拠写真によると、カワラヒワ だけの群れだったようです。
(↑どっちもいないし!!)
来たばかりの彼らはとても用心深くて、近づくことができません^^;

DSC_0998-3.jpg

DSC_0996-3.jpg

アトリは旅鳥なので、そのうちいなくなってしまいますが、カワラヒワは、ここでは春から秋までいて、繁殖する鳥です。だから春が近くなったことを告げてくれる「お帰りなさい!」の第1号なんですね。ツグミもあちこちで見ましたが、彼らもシベリア方面へ旅の途中です。
昨日は気温が高く、雪解けが進んだので、堆肥の山で食べ物を探していました。(撮影NG)

訂正だけのブログで終わるのも・・・十勝某所で、以前見たマヒワの群れを。

DSC_0793-3.jpg

DSC_0790-3.jpg

私は春にしか見たことがありませんが、北海道では留鳥もいるようです。ほとんどはシベリア方面へ帰るみたい。ヒバの実食べているのだと、教えていただきました。
夢中で食べているので、こちらを気にしていないみたいでした。

DSC_0815-3.jpg

女の子しか撮れなくて残念でしたが、もっと残念なのは、今回シャッタースピードを間違えて、手ぶれしてしまったこと。(だからUPしてこなかったのですが・・・^^;)
お見苦しくてすみません。

DSC_0681-3.jpg

昨日は溶けてなくなっていたつららが、復活していました。今日は寒さが戻っています。



Comment:6  Trackback:0
2016
12.26

エゾモモンガの親子 その2

Category: 周辺自然観察
秋のある日に出会ったエゾモモンガの親子です。在庫から、再びご覧下さい。

DSC_9028-3.jpg

この子は、すぐ枝から踏み外しちゃうので、下から見ていると、ハラハラし通しでした。

DSC_9050-3.jpg

お母さんキター。威嚇してるのかもしれませんが、かわいすぎてぜんぜん怖くありません。

DSC_9062-3.jpg

DSC_9090-3.jpg

DSC_9075-3.jpg

野鳥のおちり大好き(なのだと思う)ko-jiさんが、今度は「動物のおちり写真」を集めて、番外編を企画しているそうです。野鳥のおちりで、あれだけ忙しい思いをされたというのに、懲りな・・・いえ奇特な方です。私にも、エゾモモンガの要請がありました。
そこでデータを調べたら・・・・ある。
やはり捨ててなかった私 orz 若干の落ち込みとともに、おちりだけではあんまりなので、ほかの写真もUPしてみました。
下から見上げておなかとおちりというのもあったけど、写真としてイマイチでした。
さぁ、好きなおちり写真を、持ってけko-jiさん!
あ、他の方には、勝手に持って行かれると困りますので、お断りしておきます。

本年もご訪問いただいた皆様、ありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎え下さい。


Comment:12  Trackback:0
2016
12.08

エゾモモンガの親子

Category: 周辺自然観察
まだ秋の頃の、ある日、出会いました。

はじめまして、春生まれのエゾモモンガです
DSC_9025-3.jpg

おっと!あぶない!
DSC_9037-3.jpg

おかあさんといると安心。おっぱいちょうだい
DSC_9047-3.jpg

はじめて飛んでみたけど、怖かったよ!
DSC_9085-3.jpg

お母さんが迎えに来てくれて、よかった
DSC_9088-3.jpg

じゃぁね、おかあさんといっしょに、おうちに帰ります
DSC_9097-3.jpg

けっきょく、この子は巣穴まで飛ぶことができないと判断したおかあさんが、口でくわえて巣に戻りました。
このおかあさんは3匹のこどもがいるそうです。そのせいか、頬がこけて、目だけがぎろっと大きく見えました。エゾモモンガは、もっとふっくらした、まるい顔のイメージでしたけど。
エゾリスのおかあさん もそうだったけど、ほんとに子育てはたいへんですよね。

「エゾモモンガの子が出ているよ」と教えてくださったみなさん、ありがとうございました。
おかげさまで、ほんとに運良く居合わせることができました。



Comment:6  Trackback:0
2016
08.20

エゾの名を持つ植物など

Category: 周辺自然観察
夏の間、じっくりと時間をかけて、ランの仲間が咲き始めます。つぼみから花がてっぺんまでつくのに、2週間以上かかるでしょうか。
オオヤマサギソウは去年よりも数を増やしていました。

DSC_8046-3.jpg

エゾニュウのところでもややこしかったけれど、トンボソウの仲間もなかなかややこしい。
大きさがいろいろなのは個体差なのかと思っていましたが、図鑑によると、6月ごろから咲く20~40㎝くらいのものはヤマサギソウ、7月から咲く40~60㎝くらいのものはオオヤマサギソウですって。どうりで、長い間咲き続けていると思った。私には花にも違いがあるのか、
わかりませんでした。

DSC_0259-3.jpg

こちらは原生花園で7月7日に見たもの。花のかたちが少し違います。
これはどうやらエゾチドリ。

DSC_7900-3.jpg

そして、エゾスズラン。ふつうのスズランはユリ科だったのですね。これはラン科です。
とても地味なランですが、よく見るとランらしい花をしています。
これも今年たくさん増えました。大小いろいろなものが、林のあちこちに姿を見せています。

DSC_8392-3.jpg

エゾカワラナデシコも今年増えましたが、花の盛りが雨続きで、花びらがくしゃっとしています。今はもうもう終わりかけです。

DSC_0267-3.jpg

まだお盆の頃に、もうエゾトリカブトが咲いていた!!

DSC_8496-3.jpg

ちょこっと早いんでないかい?!

DSC_8493-3.jpg

美しい花なので、見つけると嬉しいのですけれど、これが咲くともういよいよ秋なのか~!!と思います。秋になれば、夏鳥たちが林からいなくなる・・・そう思うと、この花を見るのが寂しくもあるのです・・・

2013年のエゾトリカブトは こちら (今年とは別の場所、2カ所で撮影しています)


Comment:4  Trackback:0
back-to-top