2017
05.13

あっちこっちヒドリーズ

Category: 出逢った野鳥
ここはやたらシカがいるところ。

DSC_2879-3.jpg

目当ての鳥はもういなかったけれど、ここにはまだカモたちがたくさん残っていました。

DSC_2841-3.jpg 

DSC_2880-3.jpg 

ヒドリガモたちです。オナガガモ、カワアイサも見られました。

DSC_2844-3.jpg 

突然飛び立ちました。

DSC_2857-3.jpg 

それを見て、こっちからも飛んできます。

DSC_2863-3.jpg 

オナガガモもつられて一緒に。

DSC_2870-3.jpg 

そしてまた何事もなかったように降り立ちました。

DSC_2830-3.jpg 

あとはひたすら食べものを探します。もう今頃は北へと旅立っている頃でしょうか。

DSC_2882-3.jpg 

最後に見た、冬の名残のカモたちでした。


Comment:4  Trackback:0
2017
05.06

夏鳥たちが到着 2017

Category: 出逢った野鳥
ジャガイモ植えの仕事が終わりました!今年は1週間、連休の半ばまで続きました。
近くの農道は鳥たちが激減したため、早朝の散歩をしなくなっていましたが、夜明けが早いので目が覚めてしまいます。思い立って谷地へ行ってみました。4月に到着するヒバリ、アオジ、ノビタキ、カワラヒワの後、5月になるとここでの夏鳥たちがほぼ出そろっていました。ウグイスや、

DSC_2659-3.jpg

センダイムシクイは張り裂けんばかりに囀ります。

DSC_2649-3.jpg

遠くでオオジシギのディスプレイの声もしています。谷地は鳥の声で溢れていました。
でも、私が一番美しいと思うのは、いちばん身近でありふれた、アオジの囀りです。

DSC_2687-3.jpg

4月組はもうペアになっていますが、渡ってきたばかりの鳥たちはまだ追いかけっこや、オス同士の争いをしているようです。ここで毎年出会う、ベニマシコの女の子、今年もいました。

DSC_2680-3.jpg

ヤナギの花を夢中で食べています。
DSC_2683-3.jpg

ヤナギの花は、まだ他に花のない時期、渡って来たばかりの鳥たちにとって貴重な食料になります。この後、オスが2羽、襲いかかるようにやってきて、この子は驚いて飛んで行ってしまいました。

連休に来た娘が、川に行きたいと言ったので連れて行くと、土手にカタクリとエゾエンゴサクの群生が!

DSC_2703-3.jpg

こんなに近くにあったとは!でかした、娘(笑)

DSC_2705-3.jpg

他の季節には来ていたのですが、この時期来たことがなかった。まだまだ知られざる群生地があるかもしれません。
連休も終わり、娘も札幌へ帰って行きました。
さぁ、これからベニバナイチヤクソウの落ち葉をどけないといけません。

昨年の谷地の様子は こちら です。
続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2017
04.17

氷がとけたら

Category: 出逢った野鳥
ご近所のオオハクチョウ、マガンたちは、ほとんどがヒミツの沼に結集していました。
マガンの数は数え切れません。

DSC_2471-3.jpg

オナガガモやヒドリガモなどが少し混じっています。去年はミコアイサも混じっていたのですが、今年はまだ見ていません。ウミアイサ、カワアイサもいないようです。まだ氷がとけたばかりなので、カモ類はこれからでしょう。

午後、近くの畑に行くマガンたち。次々と飛び立っていきました。

DSC_2484.jpg

水の上だとオオハクチョウも少しは白くなったと思いきや(笑)
思いっきりスケーティング??・・・みたいに着水。

真央ちゃんのつぎは私たちよ!
DSC_2547-3.jpg

オジロワシが1羽だけ。

DSC_2511-3.jpg

すぐ目の前をオオハクチョウがよちよちと歩いていきます。・・・だ、大丈夫??

DSC_2508-3.jpg

・・・お腹が空いていなかった?オオハクチョウでは大きすぎたのかな?

夕方のオオハクチョウたち。まだマガンのほとんどは帰ってきていないようです。

DSC_2565-3.jpg

DSC_2567-3.jpg

毎年ここで子育てするタンチョウ夫婦。食べ物探しに夢中でこっち向いてくれません^^;

DSC_2497.jpg

・・・ここはヒミツの沼。この時期、つかの間の、野鳥たちの楽園です。
どうか、いつまでも、そうでありますように・・・。



Comment:4  Trackback:0
2017
04.09

ご近所は大騒ぎ

Category: 出逢った野鳥
毎日毎日、あっちでもこっちでも。夕方と朝には大移動。

DSC_2225-3.jpg

オオハクチョウとマガンの声がご近所に溢れています。なんて幸せな日々でしょう。

DSC_2260-3.jpg


DSC_2210-3.jpg

DSC_2277-3.jpg


オオハクチョウとマガンばかりと思っていましたが、

DSC_2201-3.jpg

ここにはオナガガモも混じっていたようです。

DSC_2187-3.jpg

気温が異常に高かった日は、雪の上や水溜まりで体を冷やしていました。

DSC_2352-3.jpg

雪解けが進むにつれ、まだ雪の残っているデントコーン畑へと、数日おきに移動を繰り返しています。そうして、だんだんと湖沼地帯に結集し、渡ってゆくのです。
ご近所にこんなに渡り鳥が来るようになったのは、ここ数年のことだそうです。すると、またコースが変わって、来なくなることもあるということ・・・巡り合わせた幸運に感謝です^^


Comment:8  Trackback:0
2017
04.02

顔まで見える距離で

Category: 出逢った野鳥
どうしても、あの方のお顔が見たいのです。でも、いつもつれないほどに遠かった。

DSC_2037-3.jpg

今回、情報をいただいて出かけてみると、ようやく、カワイイお顔まで見ることができました^^
ハクガンは、このサイズ感、ちょっと黒いのが入ってるおしゃれな配色がいいですね。

DSC_2053-3.jpg

DSC_2041-3.jpg


脅かさないように、そう〜っとクルマを止め、そう〜っと窓を開け、そう〜っとカメラを構えましたが・・・

みなさ〜ん!
DSC_2043-3.jpg

あちらに行きますよ〜!
DSC_2044-3.jpg

さりげな〜く遠くへ移動するのはお約束^^;
でも、その後ろ姿さえカワイイヾ(*´∀`*)ノ

DSC_2048-3.jpg

なるべく動きを少なくして身を潜めているつもりなのですが、まだ距離を置こうとする。

DSC_2085-3.jpg

そのうち数羽ずつ飛び始めてしまいました。
DSC_2093.jpg

だんだん畑の奥へ・・・この間30分くらいだったでしょうか・・・。
幸せな気持ちとともに家路につきました。
貴重な情報を下さった○△○さん、本当にありがとうございました!


Comment:2  Trackback:0
back-to-top