FC2ブログ
2018
12.01

秋の名残に

Category: 出逢った野鳥
林は氷点下になる日が増え、風が冷たくなりました。
雪が降る前にと思い、出かけた時の出会いです。

DSC_1877-4.jpg

久しぶりに見るエゾリス。今年生まれの子たちは8匹いるそうです。
なまらめんこいわ〜 (* ´ ▽ ` *)

DSC_1879-4.jpg

今年は雪が遅いおかげで、まだイチョウの落ち葉が地面を覆っていました。
寄ると触ると追いかけっこ。仲がいいのか悪いのかわかりません。

DSC_1598-4.jpg

アカゲラ林にはいないヤマガラも見ることができました。

DSC_1843-4.jpg

君は・・・うちにもいるけど、ここではぜんぜん物怖じしないので、近くで見ることができます。木の幹に何かを蓄えていました。

DSC_1884-4.jpg

写真を見たら、クチバシの上に、羽が一列に並んでいるんだ・・・今気づきました。見ているようで見ていなかった。

DSC_1882-4.jpg

この日は小春日和で穏やかな天候でしたが、翌日は寒波がきました。

DSC_1687.jpg

エゾリスは冬眠しません。今度会うときは雪の中かな・・・さよなら、またね(´∀`*)


Comment:4  Trackback:0
2018
11.27

シジュウカラガンだってお疲れさまです

Category: 出逢った野鳥
ハクガンの群れには、マガン、ヒシクイ、そしてシジュウカラガンがたくさん混じっていました。このとき見たのは、全部で500を超える群れでした。

DSC_1326-4.jpg

シジュウカラガンの皆さんも、(今さらですが)ようこそ〜!

DSC_1428-4.jpg

ここではハクガンと混ざっていましたが、私はシジュウカラガンだけの群れを見ることの方が多いです。(ハクガンにはなかなか会えないということ)
遠くから別の群れが合流しました。

DSC_1430-4.jpg

DSC_1473-4.jpg

最後に歩いて向こうへ行ってしまった結末は、ハクガンと一緒です。

DSC_1378-4.jpg

シジュウカラガンも、本州で越冬するために、飛び立って行ってしまいました。
ハクガンもシジュウカラガンも、絶滅の危機に瀕していたところを、繁殖事業で頭数を増やした経緯があります。越冬地は本州ですが、毎年数を増やす彼らを喜び、見守る人たちが、十勝にもいます。


Comment:4  Trackback:0
2018
11.23

遠いところからお疲れさま! その2

Category: 出逢った野鳥
貴重なお知らせをいただいたので、漬物も薪割りも後回しにして、取るものもとりあえず会いに行って来ましたよ〜。
わぁ〜!見つけた〜(((o(*゚▽゚*)o))) シジュウカラガンやマガン、ヒシクイも一緒の大きな群れです。

DSC_1434-4.jpg

ざっと数えたら、200よりも多かった。
まだ灰色の、今年生まれの子がたくさん混じっています。

DSC_1439-4.jpg

DSC_1455-4.jpg

今回は思いのほか近かったので、可愛いお顔も、じっくり拝見できました^^

DSC_1477-4.jpg

時々飛び立ちますが、この場から遠くへ行くことはありませんでした。

DSC_1333-4.jpg

長い時間見ていられたので、知らなかった姿を見ることもできました。密度が濃くなると、ちょっと小競り合いもあったりして。声もじっくり聞きましたが、これだけのハクガンが鳴くと、かなりの喧騒です。アヒルとハクチョウの混ざったような声でした。

DSC_1474-4.jpg

そのうち、飛び立つこともなく、ゆっくり歩いて奥へ移動して行きました。
よちよち歩く後ろ姿も愛らしい。

DSC_1370-4.jpg


おかげさまで、至福の時間を味合わせていただきました。貴重な情報をいただき、ほんとうにありがとうございました!
今年のハクガンは400にも増えていると聞きましたから、まだこの規模の群れが別の場所にいたことになりますね。着実に増えているハクガン。そのうち、十勝のあちこちで見られるようになるでしょうか。
今はもう、本州の越冬地で過ごしています。また、春の再会を楽しみに・・・。


Comment:6  Trackback:0
2018
11.13

遠いところからお疲れさま!

Category: 出逢った野鳥
秋、ご近所にやって来るオオハクチョウやマガンたちは、越冬地へ行く途中立ち寄るだけなので、昨日いたところに行ってみても、翌日にはもういなくなっていたりします。今日は幼鳥を4羽連れたオオハクチョウのファミリーに出会うことが出来ました。
みなさん、かなりリラックスしています。

DSC_1246-4.jpg

今年生まれた子たち。初めての旅、お疲れさま。

DSC_1241-4.jpg

車がすぐ脇を通過しても逃げようとしません。・・・疲れているのかな。
ぐっすり寝ているのは、別ファミリーのオオハクチョウ。(あ、大丈夫。生きてましたから)

DSC_1243-4.jpg

ところで、左端にいたこのオオハクチョウ、首がとても長いのです。

DSC_1244-4.jpg

長いところがちゃんと撮れていなかったけれど、伸ばすととても長い。曲がっているようにも見えたので、kogamoさん地方で越冬している あの時の オオハクチョウ、コンゴルくんを思い出しました。今年はもうkogamoさん地方に到着しているようなので、別の個体ですね。
この時 も、左端に長い首のオオハクチョウがいました。この個体はコンゴルくんではなかったのですが。
このオオハクチョウは、警戒して辺りを見回していたから、きっとファミリーのお父さんなんだ(と思う)。その時はもっと伸びていたので、首が長い個体だと思うのですが・・・。
ファミリーはすぐにこの場所から移動してしまいました。春、北帰行の時にはしばらく滞在するので、その時また会えるのを楽しみに。


Comment:4  Trackback:0
2018
10.29

上から目線のキクちゃん

Category: 出逢った野鳥
久しぶりに、近くのキャンプ場へ行ってみました。
ここは孤立林のアカゲラ林とは違い、山や谷にかけて森林が繋がっているため、たくさんの鳥たちに出会える場所です。(もちろんヒグマにも)
もうキャンプする人はいなくて静かです。見事な紅葉が広がっていました。
この日はちょうど移動する鳥たちの群れに出会うことができました。おなじみゴジュウカラ、シジュウカラやハシブトガラの他に、アカゲラ林にはいないヒガラにコゲラ、まだ移動していないのか、カワラヒワやウグイスまでいました^^

DSC_0994-4.jpg

超高速で動き回る、あの小さな鳥にも出会えました。キクイタダキ!(*´∀`人 ♪

DSC_1004-4.jpg

ヒガラと一緒に行動しています。1羽だけのようです。

DSC_1012-4.jpg

キクイタダキは高いところにいたので、下から見上げてもそれらしく見えません^^;
なかなか頭を見せてくれませんでしたが、一瞬だけ頭の黄色が見えました。

DSC_1015-4.jpg

お髭みたいな模様が、偉そうに見えますね^^でもカワイイ。

DSC_1022-4.jpg

あ〜、もう、動きが早すぎてついて行けない〜。゚(゚´Д`゚)゚。(泣)

DSC_1017-4.jpg

カメラから目を離したらもう飛び去っていて、至福の2・3分はあっという間に終わってしまいました。仲間のところへ行ったかな?
そのヒガラも、食べ物を探して大忙しでした。(ヒガラも超高速!)

DSC_1027-4.jpg

ぶら下がって虫を探します。

DSC_1043-4.jpg

ヒガラもすぐに移動してしまいましたが、まだ立ち去り難くて留まっていたら・・・

DSC_1051-4.jpg

アカゲラがやって来てハリギリの実を食べました。この実も鳥たちに人気があるようです。

DSC_1046-4.jpg

駐車場へ戻ると、ゴジュウカラがどんぐりの実を集めていました。
実りの秋、でももうじき雪が来るのを知っているのか、みな、大忙しに見えました。
はっ!!私も冬支度しなくちゃ・・・(鳥に教えられてすごすごと帰る)


Comment:4  Trackback:0
back-to-top