2017
07.23

恐竜の末裔(?)の子孫たち

Category: 出逢った野鳥
恐竜の末裔を思わせるこわもてのアリスイ。でも子育てはオスメス一緒。顔に似合わず優しいお父さんなんですね。あたりを警戒しているのは、イクメンのお父さんでしょうか。

P1220257.jpg

警戒しているお父さんのために、場所はヒミツ。

P1220238.jpg

巣穴からは元気なひなの声がしていましたが、ある日、可愛いのがチョロリと出てきました。見事な保護色ですね^^

DSC_4056-3.jpg

親鳥は迫力ある顔つきですが、幼鳥はめんこいです〜^^パタパタ羽を動かしながら、キツツキらしく、木によじ登っています。ようやく巣立ちしたんだ!

DSC_4065-3.jpg

DSC_4067-3.jpg

・・・と思っていたら、この子、なかなか巣穴の近くから離れようとしません。
それどころか、また巣穴に戻っちゃったりするのです!
「巣立ち」というのはもう2度と巣に戻らないもの、という認識が覆りました・・・。

その後も出たり入ったり・・・??不思議な生態です。巣に戻ろうとするひな。
下のひなは押し出されてしまいました。

DSC_4185.jpg

親が来ました。まだ巣の中にいるひなに餌を与えています。

DSC_4188-3.jpg

巣の中には2羽見えますが、お尻が出ているのは、よじ登って巣に戻ったひなです。巣から顔を出しているひなは、まだ「巣立って」いません。

DSC_4176-3.jpg

初めて巣穴を出た一番目の子と、その日の様子。まだ親から餌をもらっていました。

DSC_4196.jpg

巣穴からは他のひなの声がしています。そしてこの一番目は、このあと、巣に戻ろうとしていました。

DSC_4191-3.jpg

何日かあと、一番目と思われる幼鳥が、親の後を追って、背中をつついたりして餌をねだっていましたが、親は知らん顔でした。もう面倒を見ないのかしら?

P1220280-3.jpg

2、3日後に見ると、巣の近くにポツンと幼鳥がいました。まだこの1羽しか巣立ってないのでしょうか?この時もまだ巣からはひなの声がしていました。なんども巣に戻って来る幼鳥を見ましたが、この子でしょうか。姿が同じなので多分、としか言えませんが・・・。

DSC_4218-3.jpg

初めてアリスイの、しかも子育ての様子を見ることができました。その姿や、アリを食べるというキツツキの仲間であること、巣立ちしてもまた巣に戻るひななど、謎の多い出来事ばかりでした ( ゚A゚;)
(写真は、何日かをまとめて再構成したので、必ずしも時系列ではありません。)


Comment:2  Trackback:0
2017
07.20

麓で出逢った鳥たち 

Category: 出逢った野鳥
記録的な暑さのため(ということにしておこう)旭岳ではギンザンマシコはおろか、カヤクグリやイワヒバリ、ホシガラスなど、山らしい鳥には全然出会えなかったけど、姿見の池付近でノビタキが巣を作っていました。近くに巣があるらしく、登山者が通るとしきりに警戒音を出していました。

DSC_3972-3.jpg

ジャッ!ジャッ!「あっちへ行け!!」という声の中にピッピッと可愛い声が混じってしまうのはご愛嬌^^登山者からは「あら可愛いわね〜」と言われてしまいました。

DSC_3965-3.jpg

遠いですがハイマツの中にぼんやりとノゴマ。2羽がハイマツの中に飛び込んだので、やはり巣があるようです。ノビタキもノゴマも平地の草原にいる鳥なのに、下界は暑いからこんなところまで来ちゃったの??

DSC_3979-3.jpg

旭岳の麓に降りると、ウグイスやエゾムシクイなどの声が聞かれました。
その托卵相手を狙う、ダブル・ツツドリ。

DSC_3996-3.jpg

キセキレイの幼鳥きょうだいがじゃれあっていました。可愛いのでしばらく見てしまった。

DSC_4039-3.jpg

DSC_4030-3.jpg

キセキレイに偶然ニアミスしてくれた、ベニマシコ。

DSC_4031-3.jpg

麓でのウオッチも楽しかったけど・・・
やっぱり次回はギンザンマシコが見たいです・・・(っω・`。)


Comment:4  Trackback:0
2017
07.17

恐竜の末裔?

Category: 出逢った野鳥
北海道に来てから初めて見た鳥はいくつかありますが、初めてこの鳥に出会った時はびっくりしました。アリスイ。キツツキの仲間だそうです。

DSC_3934.jpg

木の幹にとまると、完全に保護色。

DSC_3922-3.jpg

インパクトある顔立ち。この羽模様も、恐竜の鱗に見える・・・。

DSC_3848.jpg

名前のとおりアリを餌にします。ひなに持ってくるのもアリの卵。

DSC_3815.jpg

余ったのは食べちゃう(笑)
DSC_3895.jpg

長い舌です。

DSC_3896.jpg

巣穴からは元気なひなの声がして、巣立ちも近そうです。場所については、特に秘します。


Comment:2  Trackback:0
2017
05.13

あっちこっちヒドリーズ

Category: 出逢った野鳥
ここはやたらシカがいるところ。

DSC_2879-3.jpg

目当ての鳥はもういなかったけれど、ここにはまだカモたちがたくさん残っていました。

DSC_2841-3.jpg 

DSC_2880-3.jpg 

ヒドリガモたちです。オナガガモ、カワアイサも見られました。

DSC_2844-3.jpg 

突然飛び立ちました。

DSC_2857-3.jpg 

それを見て、こっちからも飛んできます。

DSC_2863-3.jpg 

オナガガモもつられて一緒に。

DSC_2870-3.jpg 

そしてまた何事もなかったように降り立ちました。

DSC_2830-3.jpg 

あとはひたすら食べものを探します。もう今頃は北へと旅立っている頃でしょうか。

DSC_2882-3.jpg 

最後に見た、冬の名残のカモたちでした。


Comment:4  Trackback:0
2017
05.06

夏鳥たちが到着 2017

Category: 出逢った野鳥
ジャガイモ植えの仕事が終わりました!今年は1週間、連休の半ばまで続きました。
近くの農道は鳥たちが激減したため、早朝の散歩をしなくなっていましたが、夜明けが早いので目が覚めてしまいます。思い立って谷地へ行ってみました。4月に到着するヒバリ、アオジ、ノビタキ、カワラヒワの後、5月になるとここでの夏鳥たちがほぼ出そろっていました。ウグイスや、

DSC_2659-3.jpg

センダイムシクイは張り裂けんばかりに囀ります。

DSC_2649-3.jpg

遠くでオオジシギのディスプレイの声もしています。谷地は鳥の声で溢れていました。
でも、私が一番美しいと思うのは、いちばん身近でありふれた、アオジの囀りです。

DSC_2687-3.jpg

4月組はもうペアになっていますが、渡ってきたばかりの鳥たちはまだ追いかけっこや、オス同士の争いをしているようです。ここで毎年出会う、ベニマシコの女の子、今年もいました。

DSC_2680-3.jpg

ヤナギの花を夢中で食べています。
DSC_2683-3.jpg

ヤナギの花は、まだ他に花のない時期、渡って来たばかりの鳥たちにとって貴重な食料になります。この後、オスが2羽、襲いかかるようにやってきて、この子は驚いて飛んで行ってしまいました。

連休に来た娘が、川に行きたいと言ったので連れて行くと、土手にカタクリとエゾエンゴサクの群生が!

DSC_2703-3.jpg

こんなに近くにあったとは!でかした、娘(笑)

DSC_2705-3.jpg

他の季節には来ていたのですが、この時期来たことがなかった。まだまだ知られざる群生地があるかもしれません。
連休も終わり、娘も札幌へ帰って行きました。
さぁ、これからベニバナイチヤクソウの落ち葉をどけないといけません。

昨年の谷地の様子は こちら です。
続きを読む
Comment:4  Trackback:0
back-to-top