2018
02.16

2月、厳しい冬のなかで (港編)

Category: 出逢った野鳥
観察会の続きです。港で出会った鳥編。

あたりの川はほとんど凍ってしまっているので、水が凍らない場所、港へ。
迎えてくれたのは、愛想のいいコオリガモの女の子^^初めて見たけど、可愛いなぁ。

DSC_5824-3.jpg

遠くにはアザラシの姿もありました。この時はどの鳥も遠かった。

DSC_5813-3.jpg

ここからは、一人で行った時に出会いました。
クロガモを、比較的近いところで見ることができたのは初めて。
写真はかなりのトリミングですが^^;

DSC_6539-3.jpg

スズガモのペアが近づきました。こんな距離です。このあとすぐに潜ってしまいました。

DSC_6537-3.jpg

ホオジロガモも

DSC_6547-3.jpg

ちゃんとペアでした。

DSC_6552-3.jpg

ホオジロガモを見送っていたら、船の陰から現れたのはシノリガモだったのでびっくり!
初めて見る珍しい模様です。

DSC_6556-3.jpg

姿勢を低くして動かずにいたら、私にあまり警戒せずに、ゆっくりと遠ざかっていきました。

DSC_6557-3.jpg

このうえコオリガモのオスを見たかった・・・なんて言ったら贅沢でしょうか。
またのんびり来てみよう。


Comment:4  Trackback:0
2018
02.14

2月、厳しい冬のなかで (山野編)

Category: 出逢った野鳥
立春過ぎても、相変わらず寒さは衰えません。
厳寒のとある日、観察会に参加させていただきました。
川はみんな凍りついていると思っていたら、凍らない川が。
そこに集まっていたのはマガモの群れ。

DSC_5858-3.jpg

こちらにはコガモも。

DSC_6500-3.jpg

タンチョウも。凍らない場所にはいろいろな鳥が集まっていました。

DSC_5901-3.jpg

山の方に入って川沿いにカワガラスを探したのですが、大勢歩いて行ったので姿を隠してしまったようです。飛び去る姿しか見られず。カラマツ林の縁にいたのはキクイタダキ。

DSC_6502-3.jpg

シジュウカラやヒガラ、コゲラなどのカラの混群には、ハシブトガラや

DSC_6490-3.jpg

シマエナガが数羽混じっていて、また会うことができました。

DSC_6514-3.jpg

「クマタカの幼鳥を見つけた!」という声にみんな色めき立ちました。
残念ながら遠く、双眼鏡でもやっとの距離で、証拠写真のみ。

DSC_6519-4.jpg

DSC_6521-4.jpg

他に猛禽は 遠〜くのオオワシに・・・

DSC_6493-3.jpg

近くのオジロワシ!

DSC_6524-3.jpg

迫力の出会いでした。以上。
いつもながら地元の方にお世話になり、ありがとうございました。



Comment:4  Trackback:0
2018
02.04

お目目がふたつ

Category: 出逢った野鳥
なかなか撮れないシマエナガちゃんですが、なんとか正面顔が撮れたものを揃えてみた。

DSC_6279-3.jpg

DSC_6310-3.jpg

DSC_6323-3.jpg

尻尾がないと、鳥じゃなくて別の生き物に見えちゃいます(╹◡╹)♡

DSC_6313-3.jpg

まだまだ遠いし、ボケたり、枝被ってますがすみません、シマエナガちゃんのめんこいのに免じて許してください・・・^^;

そうそう、久しぶりに、おちり写真というのも思い出した。ko-jiさんがコンテストやっていたな〜。わたしは今回もエントリー見逃して、不参加・・・^^;

DSC_6302-3.jpg

最近は、おちり写真が撮れちゃう頻度も減ってきましたが、今回シマエナガに関しては、おちりだらけだったなぁ。とにかく動きが早すぎるので。まん丸の白い玉だけで、なんの鳥かわからないのばかり・・・。


Comment:2  Trackback:0
2018
01.25

極寒の日に天使が舞い降りた

Category: 出逢った野鳥
会いたくてもなかなか会えない。
もし運よく会えても、たいていは、高い木のてっぺん。
わずか2〜3分ですぐ移動。
しかも大忙しで動き回るから、当然のように枝被りばかり・・・ orz
なかなか思うようには撮れないけど、一緒にいられただけで幸せ。

シマエナガちゃんです。

DSC_6402-3.jpg


DSC_6381-3.jpg

DSC_6276-3.jpg

DSC_6382-3.jpg

DSC_6271-3.jpg

DSC_6282-3.jpg

この日の気温マイナス13度。
数グラムの羽毛で身を覆い、枝先の虫?を探して元気に飛び回ってました。



Comment:7  Trackback:0
2017
12.27

冬のホオジロ

Category: 出逢った野鳥
急速に発達した低気圧のせいで、今年も北海道大変なことに・・・。あちこちで暴風雪、飛行機やフェリーは欠航するし、道路はホワイトアウト、玉突き事故。なかでも留萌の灯台が折れちゃった!というニュースにはびっくりでした。とんでもないことをしていくやつだ!まだ吹き荒れているところもあるようです。台風もだけど、真冬の低気圧、油断ならないです!
アカゲラ林では、強風は吹きましたけど晴れていて、それほどひどい被害はありませんでした。

ずいぶん前になってしまいましたが、12月初め、観察会に参加させていただきました。
あたりは一面、雪で真っ白です。なのに、まだシジュウカラガンがいました!私は雪が降る前に移動すると思い込んでいたので、びっくりの出会いでした。

DSC_5148-3.jpg

DSC_5153-3.jpg

ハクガンも、つい先日まで、最後のグループがいたそうです。このあと、シジュウカラガンの群れも渡って行ったことでしょう。
この日目当ての猛禽にはあまりお目にかかれませんでしたが、私は初めて出会った鳥がいました。ツメナガホオジロ。もし私だけだったら、この場で判別はできなかったでしょう。
北海道では数少ない、冬鳥の小鳥だったのですね。

DSC_5204-3.jpg

でも、見つけた場所が・・・^^;
近くに猛禽がいたので、とっさに逃げ込んだようにも見えました。
ここには何羽隠れているでしょうか??紛らわし・・・いや見事な保護色でした。

DSC_5218-3.jpg

これでは肝心の爪の長さがわからないです・・・orz 

DSC_5235-3.jpg

草の種でしょうか、一生懸命探して食べていました。見ていると可愛いけれど、十勝の冬でたくましく生きる野鳥の姿なのですね。そう思うと感動しました。

次はもう一つの冬のホオジロ、ユキホオジロにも会いたくなりました。何度も通わないと見られないと思いますが、自分のまちでも探して見たいなぁ。
初めて見たもの、まだありました。エゾタヌキ。○○さんちの農場に逃げ込んでいくところ。
「飼ってるんだ」と言われたけど、そんなはずありませんから〜^^;

DSC_5182-3.jpg

バタバタと忙しくしているうちに、今年のクリスマスは過ぎてしまいましたが、Twitterの方でなんとなくつぶやいておりました。それでは、みなさまどうぞ良いお年を。
本年もご訪問いただきました皆様、ありがとうございました。



Comment:4  Trackback:0
back-to-top