2017
07.23

恐竜の末裔(?)の子孫たち

Category: 出逢った野鳥
恐竜の末裔を思わせるこわもてのアリスイ。でも子育てはオスメス一緒。顔に似合わず優しいお父さんなんですね。あたりを警戒しているのは、イクメンのお父さんでしょうか。

P1220257.jpg

警戒しているお父さんのために、場所はヒミツ。

P1220238.jpg

巣穴からは元気なひなの声がしていましたが、ある日、可愛いのがチョロリと出てきました。見事な保護色ですね^^

DSC_4056-3.jpg

親鳥は迫力ある顔つきですが、幼鳥はめんこいです〜^^パタパタ羽を動かしながら、キツツキらしく、木によじ登っています。ようやく巣立ちしたんだ!

DSC_4065-3.jpg

DSC_4067-3.jpg

・・・と思っていたら、この子、なかなか巣穴の近くから離れようとしません。
それどころか、また巣穴に戻っちゃったりするのです!
「巣立ち」というのはもう2度と巣に戻らないもの、という認識が覆りました・・・。

その後も出たり入ったり・・・??不思議な生態です。巣に戻ろうとするひな。
下のひなは押し出されてしまいました。

DSC_4185.jpg

親が来ました。まだ巣の中にいるひなに餌を与えています。

DSC_4188-3.jpg

巣の中には2羽見えますが、お尻が出ているのは、よじ登って巣に戻ったひなです。巣から顔を出しているひなは、まだ「巣立って」いません。

DSC_4176-3.jpg

初めて巣穴を出た一番目の子と、その日の様子。まだ親から餌をもらっていました。

DSC_4196.jpg

巣穴からは他のひなの声がしています。そしてこの一番目は、このあと、巣に戻ろうとしていました。

DSC_4191-3.jpg

何日かあと、一番目と思われる幼鳥が、親の後を追って、背中をつついたりして餌をねだっていましたが、親は知らん顔でした。もう面倒を見ないのかしら?

P1220280-3.jpg

2、3日後に見ると、巣の近くにポツンと幼鳥がいました。まだこの1羽しか巣立ってないのでしょうか?この時もまだ巣からはひなの声がしていました。なんども巣に戻って来る幼鳥を見ましたが、この子でしょうか。姿が同じなので多分、としか言えませんが・・・。

DSC_4218-3.jpg

初めてアリスイの、しかも子育ての様子を見ることができました。その姿や、アリを食べるというキツツキの仲間であること、巣立ちしてもまた巣に戻るひななど、謎の多い出来事ばかりでした ( ゚A゚;)
(写真は、何日かをまとめて再構成したので、必ずしも時系列ではありません。)

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/419-d66a41b3
トラックバック
コメント
アリスイなんて名前も変わっていますが、形もなかなか迫力ありそうです。
どこでも今は子育ての真っ最中なんですね。
庭でもスズメの赤ちゃんが飛び回っています。
口を開けて親に食べさせてもらっているみたいで可愛いです。
もう、今年の春から何回目かの子育てだと思います。
どこに行ってしまうのでしょうね。
sage55dot 2017.07.28 16:18 | 編集
sage55さん
ご返事が遅くなってすみません。
アリスイは、その名の通り、アリを餌にしているキツツキのようです。ひなたちにもアリの卵らしきものを運んでいました。私も初めてお目にかかったので、びっくりしました。来年もこの場所で巣を作るのでしょうか。
林では、夏の間どこかへ行っていたアカゲラや、ハシブトガラが帰って来ました。アオジやカワラヒワの幼鳥たちも、まだ賑やかに鳴いています。エゾゼミも羽化して鳴き始め、ようやく夏らしくなりました。でも、来週からはそろそろ「蝦夷梅雨」かなぁ、という週間予報ですね。
min628dot 2017.07.30 18:06 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top