2017
02.20

ほぼ常連

毎日見張っているわけではありませんが、晴れた日の昼前に、シマエナガがやってくるよう
です。昨日も数羽の群れが通り過ぎていきました。相変わらず、滞在時間は約5分ですが・・・。まずはよいしょっと懸垂?・・・なわけはなく、ほんの一瞬でした。

DSC_1001-3.jpg

DSC_1002-3.jpg

正面顔を捕らえるのは至難の業。今回もダメだった・・・。

DSC_1004-3.jpg

ダメ出しのように枝のバッテンが・・・ orz

DSC_1007-3.jpg

まぶたみたいなアイリングも、ちゃんと見てみたいものです。

DSC_1011-3.jpg

それでも今回は比較的距離が近い方でした。春までに何回出会えるでしょうか。

こちらは、もはや常連になったハシブトガラ。今年の子はなぜか吊り下げフィーダーにやって来ません。平台においてあるヒマワリの種を取りに来ると、あっというまに持ち去って、遠くの木の上で食べます。とても用心深い。

DSC_1015-3.jpg

お目々がちゃんと見えたときはシマエナガにも負けないくらいかわいいと思っているけど、
尻尾の長さがこんなに違うのね。


Comment:2  Trackback:0
2017
02.18

アトリじゃなかった・・・

Category: 周辺自然観察
14日のブログコメントで、「アトリとマヒワの群れを見た」と言ってるのですが、間違いだったので訂正します。

DSC_0997-3.jpg

昨日やっと撮った証拠写真によると、カワラヒワ だけの群れだったようです。
(↑どっちもいないし!!)
来たばかりの彼らはとても用心深くて、近づくことができません^^;

DSC_0998-3.jpg

DSC_0996-3.jpg

アトリは旅鳥なので、そのうちいなくなってしまいますが、カワラヒワは、ここでは春から秋までいて、繁殖する鳥です。だから春が近くなったことを告げてくれる「お帰りなさい!」の第1号なんですね。ツグミもあちこちで見ましたが、彼らもシベリア方面へ旅の途中です。
昨日は気温が高く、雪解けが進んだので、堆肥の山で食べ物を探していました。(撮影NG)

訂正だけのブログで終わるのも・・・十勝某所で、以前見たマヒワの群れを。

DSC_0793-3.jpg

DSC_0790-3.jpg

私は春にしか見たことがありませんが、北海道では留鳥もいるようです。ほとんどはシベリア方面へ帰るみたい。ヒバの実食べているのだと、教えていただきました。
夢中で食べているので、こちらを気にしていないみたいでした。

DSC_0815-3.jpg

女の子しか撮れなくて残念でしたが、もっと残念なのは、今回シャッタースピードを間違えて、手ぶれしてしまったこと。(だからUPしてこなかったのですが・・・^^;)
お見苦しくてすみません。

DSC_0681-3.jpg

昨日は溶けてなくなっていたつららが、復活していました。今日は寒さが戻っています。



Comment:6  Trackback:0
2017
02.16

風のなかで

ハシブトガラがきれいにさえずりの練習をしていました。
まだ林の中は雪だらけなんですけどね・・・。

DSC_0973-3.jpg

虫を探す間もグチュグチュ言いながら練習。

DSC_0970-3.jpg

衝撃!ハシブトガラの後ろ頭。真っ黒だと思っていたのに!!今まで気づかなかったなぁ。

DSC_0958-3.jpg

シジュウカラもゴジュウカラも、もうさえずっています。昨日からはアカゲラがドラミングを始めました。・・・でもウチの壁でドラミングするのはやめてほしい^^;

DSC_0985-3.jpg

風を除けてカシワの向こう側に潜んでいたシメさん、みっけ。

DSC_0987-3.jpg

おっと、ヒヨドリもこんなところに。まさかの擬態?このヒトたちはまださえずる気配がありません。

DSC_0980-3.jpg

イツモのメンバー、みんな元気でした。みなさん、おやすみなさい。

DSC_0946-3.jpg

日中はプラスの日もでてきましたが、まだ朝晩はマイナスふた桁です。


Comment:2  Trackback:0
2017
02.14

寒さの底から

このところマイナスの気温がひと桁だったり、ふた桁だったり、3~4日ごとに変わります。氷点下でも「三寒四温」というのでしょうかねぇ。
このところ雪が降らないので、積もった雪のかさが減ってきました。

DSC_0663-3.jpg

キンと冷えた十勝晴れのかわりに、曇り空が現れるようになってきました。よくわかりませんが、これらは春の兆しなのでしょうか。曇りのときはこんな色をした太陽が出ることも。

DSC_0657-3.jpg

湖沼地帯に出かけても、まだ全面結氷のため、冬鳥の姿はありませんでした。

DSC_0638-3.jpg

札幌方面からはアトリの便りも聞こえているというのに、ここではまったく見かけません。
3月になったら、立ち寄ってくれるでしょうか ( ̄人 ̄)
アカゲラ林は、いつものメンバーであいかわらず賑わっています。
今日は、たった1羽だけ、ツグミがやってきました。

DSC_0922-3.jpg

わずかに残っているナナカマドをついばんでいます。

DSC_0924-3.jpg

写真を撮っても逃げる様子がなかったので、テーブルにりんごを出してみましたが、ここへはやって来ず・・・。ヒヨドリがおいしそうに食べてしまいました。

ゴチ!
DSC_0930-3.jpg

いつもなら居座り王のシメさんも、ヒヨドリがいると近づけません。
仕方なく、雪の中からヒマワリの種を探していました。

DSC_0929-3.jpg

目が合うとちょっとコワイ・・・^^; おいしい?

DSC_0932-3.jpg

2月はまだまだ寒さの底にありますが、春は見え隠れしながら近づいているようです。



Comment:4  Trackback:0
2017
02.06

お客さんを連れてきたよ

・・・と言っているのかわかりませんが、ハシブトガラと一緒に・・・

DSC_0902-3.jpg

数羽のシマエナガの群れがやってきました。あいかわらず樹冠を飛ぶので遠いです。
一瞬だけダブル。

DSC_0885-3.jpg

この2羽はペアのような動きをしていました。もう繁殖行動にはいっているのでしょうか?

DSC_0882-3.jpg

逆光のところに行ってしまった。

DSC_0895-3.jpg

枝に隠れた小さな虫を食べていました。

DSC_0899-3.jpg

必殺また覗き~!もうとにかくかわいいんだけど、滞在時間約5分・・・orz

DSC_0906-3.jpg

今日は食堂のある南側に現れました。
今度来るときは、脂身の存在に気づいてくれたらよいのですが・・・
また来てね~ (*´Д`)ノ.:。:


Comment:8  Trackback:0
back-to-top